簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ティーバッグで手間を最小限に美味しく飲む

 

最近は、黄色いティーバッグの日東紅茶を愛飲しています。ティーバッグの紅茶は、まさにミニマリストのためにあるようなものです。以前は、紅茶の茶葉に凝って飲み比べては悦に浸ったりもしました。ですが、最近、久しぶりに黄色いティーバッグの日東紅茶を飲んでみました。「美味しい」。ポットやストレーナー(茶こし)やら、いろいろ用意してうやうやしく紅茶をいれていたあれは「一体なんだったの?」という感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(イメージです)

 

ティーバッグなら道具いらず

ティーバッグなら、余計な道具は要りません。同時にそれらを洗う手間も必要なしです。それから、時間差で食事をする家族が、それぞれ好きなタイミングで好きなように紅茶を飲むことができます。仮にこれが茶葉をポットに入れるスタイルの場合はどうでしょう。一人分だけの紅茶を入れるのはコスパが良くなく(紅茶を茶葉で飲むのにコスパを考慮せず優雅に飲むものなのでしょうが)我が家の夫・息子が自分で紅茶を茶葉でいれるはずもなく。

Exif_JPEG_PICTURE

ティーバッグは家族が各自好きなタイミングで飲める

ところが紅茶のティーバッグを100均の入れ物に(中身が見えるものが良い)入れておけば、なんと息子が自分で紅茶をいれはじめたではないですか。夫はコーヒーしか興味がないらしく、紅茶は全く飲みませんが、息子は気分でコーヒーと紅茶を飲み分けているようです。

 

ちなみにコーヒーも数年前からインスタントコーヒーです。

どれだけの道具が要るか?

それぞれ、インスタントコーヒー、ティーバッグにすると、どれだけ道具が要るのかを書いてみました。

 

コーヒー → ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバー、スプーン

紅茶   → ポット、ストレーナー、ポット、スプーン、(タイマー、ティーコジー)

 道具を使ったら洗わなくてはいけない

道具を使ったら、洗わなくてはいけません。収納するスペースも手間も必要です。それがインスタント、ティーバッグなら必要なのは、せいぜいコーヒーのスプーンくらいなものです。お湯は沸かしたてがベストですが、保温ポットのお湯で入れています。(事前にお湯をカップに少し入れて捨てて余熱することもあります。)

白いパッケージと黄色いパッケージ、味に違いはあるのか?

紅茶ですが、スーパーに行くと白いパッケージで50個で300円とか100個で500円とかの、もっと安い日東紅茶が売られています。個人的な感想ですが、やはり白いパッケージではなく、25個入り300円くらいの黄色いパッケージの「デイリークラブ」という日東紅茶のほうが断然美味しいと思います。(「デイアンドデイ」は白いパッケージ)このくらいの金額なので、どうせ飲むなら美味しい物の方が良いので、こちらを定番にしています。

さいごに・・

ちなみに、この記事を書くとき・・

ティーバッグ?ティーパック?ティーバッグ?ティーバック?とわからなくなってググりました。

 

 参考までに

 

リンク先は楽天です。

 

(100均の容器はこちら)

 スリムポット ホワイト

 

(紅茶はこちら)

デイリークラブティーバッグ25袋入/日東紅茶/ブレンドティー(ブレンド紅茶)/税込2052円以上送料...