簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

春先の不調は、もしかすると花粉より黄砂が原因だったのかもしれない。

a0002_004880

私はしばしば春先に体調が不良になります。原因は何らかのアレルギーです。症状は、いわゆる花粉症と同じものと、ぜんそくのようなものがあります。花粉症に関しては数年前に処方されたアレグラという薬を飲んでからウソのようにラクになりました。そのあとは、3年前くらいから少しずつ花粉症の症状が年々軽くなりました。そして昨年は薬を飲まなくても大丈夫でした。

ところが時折、春先に不調になるもう一つの症状に、ぜんそくのようなものがあります。昨シーズンは病院で薬を処方してもらい、それを飲んだら治りはしました。後で気付いたのですが、この症状が出るのは決まって春だということです。

さらに昨シーズンを思い起こせば咳が出る時期はベランダのスミにたくさんの黄色い細かい砂のようなものが溜まっていたのでした。通常、砂が溜まっても色は黄色くありません。グレーです。今の時期はまだグレーです。多分、この砂の色が黄色になったら要注意なのだと今頃気付きました。

 

幸い、子供と夫は何も症状が出ませんが、花粉症よりも黄砂に注意しなくてはいけないのかもしれません。本当は黄砂が原因なのに花粉が原因だと思っていると対策を見誤り、予防できません。予防策は花粉と似ていますが、風向き、風の強い日、黄砂情報などをよく確認して暮らすことで症状が出ないように出来るかも知れません。そろそろなので注意したいと思います。