簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

高価なパールネックレスより、安価な方の出番が多い現実。

Exif_JPEG_PICTURE

パールのネックレスは、高価すぎるものを買うと出番が少なくて後悔します。以前、友人がお母さんから譲り受けたパールのネックレスを持っていましたが、ものが良すぎて使いにくい場面があったそうです。

 

高価なパールは、ほんのりとピンクがかっています。そのため、お祝いの雰囲気があるのでブラックフォーマルの場面では使うのを躊躇したそうです。それで結局はフェイクのパールネックレスを買って出席したとか。質の良さから来る「ほんのりピンクがかっている」程度なら、ブラックフォーマルの席に絶対NGと言うことではないのかもしれませんが、一度気にしてしまうと、使う気にはなれませんよね。

 

そんなわけで、必ずしも高品質のものが、使い勝手が良く、長く多彩な場面で使えるとは限らないということです。その点、私ははじめからリーズナブルなパールネックレスを買いましたので、そのような余計な心配は不要です。リーズナブルならではの普通に白い色なので、どんな場面にも使うことが出来て重宝しています。→過去記事はこちら