簡単に暮らせ

ちゃくま・シンプルライフ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

バッグに入れる小物は明るいハッキリした色が良い理由。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-ELL85_akaianemono-thumb-1000xauto-15642

バッグに入れて持ち歩く小物の色は、極力、「赤やピンク」などの目出つ色にしています。

理由は、暗いバッグの中からでも「見つけやすく」「探しやすい」からです。

バッグの中は、いわば「明かりのついていない室内」と同じで真っ暗です。

そんなとき、黒などのシックな色は特にバッグの中でも目立たないのです。

 

実際、過去にシンプルに徹して黒を中心に小物をそろえていたとき、家のカギや財布や携帯電話(当時)がどこにあるかわからなくなって焦ったことが何度もあります。

結果、バッグに入れる事のある小物は、せっかくなので、私には珍しい赤、ハッキリしたピンク、シャンパンゴールドなどの目立つ色にしています。

 

たとえば

  • スマホのカバーは
  • 家のカギのキーホルダーは濃いピンク
  • 財布はシャンパンゴールド
  • 定期入れはハッキリしたオレンジ

です。

あえて色を「おそろい」にしないことで、色で何か一目でわかるようにしています。

「財布はどこ?」

「家のカギはどこ?」

と、バッグをごそごそ探すことがなくなりました。