簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

持たない暮らし人が、「たかがシュレッダーかけ」で得られたこと。

 

春先には、大量の不要紙ものが出ます。最近も子供関連の大量紙物をたくさん処分しました。一見、何の意味もなくただただ無心にシュレッダーをかけていったのですが、そんなことでも得られたことがあったのです。

4e1e7dcc1ec47e4b980175918f01579e_s

(イメージです)

4月のはじめにかいた「持たない暮らし人、40代主婦のmy新学期」という記事があります。その記事の少し前にスタートしていましたので、現在で約50日ほど経過しました。 http://kurase.com/2015/03/11/40over-sufu-shingakki 飽きっぽい私が続けられるのか不安でしたが、何とか続いています。その理由に、「めんどうだな。今日は休んでしまいたいな。」と思ったとき、シュレッダーかけを思い出すんです。

 

シュレッダーかけは、はじめる時点では大量にあって「こんなの終わるの?」処分しなくてもとりあえず、誰にも文句言われないし。とやめたくなります。でも、一端、スタートさえしてしまえばこっちのもの。気がつくと30分くらい経過しています。

 

そして、一枚でもコツコツ処分していくと、気がつけばいつかは空になるんです。でも後回しにしていてはいっこうに処分の山は消えません。とにかく、はじめさえすれば、少しでも前進する。そんなことに気がつくことができたのです。

 

以来、シュレッダーかけは、億劫ですが、「はじめさえすればいつかは終わる。たとえ一日1枚でも、ゼロよりは進む。」と言い聞かせて億劫だという後ろ向きな気持ちも捨てました。

 

今、行っている自分のことも、それと同じです。たかがシュレッダーかけですが、行動面に変化を起こすきっかけにもなるんですね。