簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

持たない暮らし人が新しいことをスタートするのに裏ワザは必要ないワケ。

 

新緑がキレイな季節です。

 

新年のスタートも良いですが新芽と同時に何かをスタートするのも良いですね。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-ELL76_hirusagarinoteien-thumb-1000xauto-15800

(イメージです)

新たに何かを始めることは、ほんの少しだけ勢いが必要です。

でも、始めてしまえばあとは習慣にするだけです。

 

「新しいことを始める」のに「大層なこと」である必要はない。

ずっと、やってみたいと思っていたけれど漠然と頭の中で考えているだけだったことを実行してみるのに良い時期だと思います。

 

何も、たいそうな事でなくて良いのです。

例えば20分だけ散歩をするとか、そんな程度のことでも。

 

これまで習慣になかったことは、初めは違和感がありますが、徐々に「あたりまえ」になっていきます。

するとこれまでと新たな視点が加わります。すると、迷いや悩みと思っていたことは思ったより大きな問題ではないと気がつくこともあります。

 

ちょっとだけ、自分にとってハードルが高いことをスタートするとしましょう。例えば何かの勉強をするというようなことです。

こういうことに、「王道」や「裏ワザ」は必要ありません。ラクして短時間で習得しようという思うのは当然です。けれども、そういう妙な「欲」を出すと、そういう人をターゲットにした妙なビジネスの餌食になってしまいます。

 

ヘタにワザやテクに頼ろうとすると逆に遠回りになります。

 

それよりも、初めは気が遠くゴールが見えないようでも、スタートさえすれば1㎜ずつでも進みます。何もしなければゼロのままですが、スタートして始めさえすればゴールに近づきます。

 

こういうことに「物」も「ワザ」も必要ありません。ただただ地味~に淡々と続けるのみです。ワザやテクに走って良いのはある程度のレベルに達した場合のみです。そうしないと結局は何もかも半端になります。

 

実は「地味」は強いのです。