簡単に暮らせ

ちゃくま・シンプルライフ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

目立ちたくないときに着る服とは。

a0001_016595

着る服の効果を、ときにこんな風にも利用してきました。

場合によって、「今日は気配を消したい。」と、そんなときってありますよね。

そんなときは、服を少し工夫します。

 

存在感を消す色

まず、デザインなどは、ごくごく当たり前の常識的なもの、その場面にふさわしいことが前提です。そのうえで、グレーの服を着ます。

 

以前、何かで読んだのですがグレーは一番目立たない色、存在感を消す色だそうです。一般に、グレーのイメージはあまり良くないのですが、逆に必要な時にはその効果を利用します。

 

服の色の効果を、一般的に印象を良くするために利用することが多いですよね。けれども、印象を残さない。という意外な利用方法もあります。

弱点を逆手にとれば、活用できる方法はあります。

 

「何を着るか。」について、とかく「良い印象を持たれたい。」と主張するばかりが道ではないということです。