簡単に暮らせ

ちゃくま・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

今シーズンの行動予定をシミュレーションして服を見直す。

 

初夏ですね。

 

昨シーズンに保管しておいた服を出してみると、「着られるけれど、ちょっと・・」という服がいくつかあります。

a0002_009353

(イメージです)

そうした服を、我慢して着続けるか、それとも買い換えるか・・そんな迷いがありましたが、結論を出しました。

 

 

服は実用的な要素を十分にシミュレーションして選ぶことにしよう

 

例えば、部屋着用のTシャツの首の開きが広すぎて、「もうちょっと詰まっている物の方がいいんだけどな。」ということなどです。首の開きが広い方が、着やせして見えます。ですが、宅配の受け取りなど、ちょっとかがむとむねが丸見えになって恥ずかしい思いを(というか私の場合は公害)します。

 

ちょっと近所に買い物に行くときには日焼けが気になります。

 

さて、このモヤモヤをどうするか・・ですね。

 

1・買い換えるのはもったいないから現状維持する

2・毎日のことだから、思い切って買い換える

 

両方の考えが行ったり来たりします。

 

1の「もったいない」は金銭的なことと、服、そのものの2つの視点があります。

 

私が出した結論は「2」です。そのTシャツは今年で3シーズン目です。

昨シーズンは「1」と考えて現状維持しました。1シーズン、我慢したので、もう「いいよね」の結論です。

 

開き具合さえ支障がなければ、もっと長く着られるはずでした。これからは見た目だけでなく、実用的な要素もよく考えて買うことにします。