簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

「とりあえずBOX」は不用品養成BOX

部屋を散らかさないために「とりあえずBOX」を設けても事態は解決しません。スムーズに事が運ぶのは最初の2,3回が限度です。

deffa0ef223c22cb5fd49c86eebbf1c1_s

(イメージです)

「どこにしまえば良いかわからないもの」、「収納場所まで遠いもの」を、ひとまず入れておき、後でまとめて正当な場所に移動すると片付く・・という理屈です。

 

けれども、この方法は長続きしません。「とりあえずBOX」に入れないとスムーズに片付かないこと自体に問題があるからです。

 

「とりあえずBOX」が必要なのは収納方法に改善の余地がある証拠

  • どこにしまえば良いかわからないもの→収納場所が定まっていない
  • 収納場所まで遠いもの→使う場所からかけ離れている

 

すぐに本来の場所にしまえないのは、改善の余地がある証拠ですね。

 

そして、たいていは「とりあえずBOX」に入れたものは、無くても困らないものの確率が高いです。ついでに言うと、中身が見えないように、フタがついていると、ますますそれっきりになる可能性が大きいです。

 

http://kurase.com/2015/02/26/kago-okuto-dodemoyoimono-fueru/

はっきり言います。「とりあえずBOX」は不用品養成BOXです。

 

偉そうにいろいろ書きましたが、これは自分が経験したから断言できます。

 

以前、「とりあえずBOX」を用意しておき、散らかった物を、いったん中にしまいました。パタンとフタを閉めるタイプで、閉じると中身が見えないので部屋が片付いたように見えました。けれども、そこに入れたものを元の場所に戻していたのは最初のうちだけでした。段々入れっぱなしになりました。

 

というわけで、「とりあえずBOX]は作らずにそれぞれの収納場所を一つ残らずはっきりと決めるほうが確実です。

 

現在は、そういう入れ物を一切用意していません。

そして出したら戻す・・のひたすら繰り返しですね。

椅子に座っていて、立ち上がって室内を移動するときは、手に必ず何かを持っていく癖とつけています。