簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

洗濯物を干す手間の簡単な時短方法。

暑くなると洗濯物が増えますね。すると洗濯物をセットする時間も手間も多くなります。そこで対策。少しでも手間なく早く完了させるために少しだけ段取りを変えました。

a0022_000144

(いめーじです)

以前は、洗濯機の終了お知らせ音が鳴ったら洗濯槽の中身を全部洗濯カゴに移し、上からテキトーにハンガー、ピンチハンガーにセットしていました。

この順番を変えるだけです。

 

 

洗濯物を干すため手間の時短のポイントは順番とアイテム別

 

洗濯機の完了の音が鳴ったら、洗濯槽から一気にカゴに移すのではなく、初めに衣類を一枚ずつ軽く振ったりしながら洗濯機の縁に掛けていきます。

 

干す前のセットと準備の手順

洗濯槽の中から次の順に取り出して軽く振って(しわをざっくりとって)洗濯槽の縁に仮置きする。

各アイテムごとにハンガーやピンチハンガーにセットする。

 

  1. シワを作りたくないもの(衣類)
  2. アイテム別(トップス→ボトムスなど)
  3. タオル類
  4. インナー、ソックス類

 

いったん広げてあるし、アイテム別にそろっているのでスムーズに作業が進みます。

最後にソックス、そのほかのものなどをセットします。

 

最後に外に干しに行って完了です。

 

洗い終えたものを絡んだ状態でカゴに移し、テキトーに上から順にセットしていると最後になるとかなりシワが定着してしまいます。

 

アイテム別にセットすると効率が良い理由

また、アイテムも干す場所もバラバラなので手の動きや位置がランダムになり効率が良くありません。一つのことをできるだけ早く終わらせるコツは同じ動きを同じ場所で繰り返し行うことです。

 

時間がかかり効率が良くない手順

あっちに行ったり、こっちに行ったり、

ジーンズ、タオル、Tシャツ・・

タオル、パジャマのズボン、Tシャツ・・

 

とランダムにセットするよりも

 

時間がかからず効率が良い手順

ジーンズ、パジャマのズボン、私服のパンツ・・

Tシャツ、Tシャツ・・

タオル、タオル、タオル・・

ハンカチ、ハンカチ、ハンカチ・・

というように同じような形のものを続けてセットするほうがはるかに楽です。

 

このようにするとアイテム別に並んでいるので外に干すときも楽で見栄えも良いですよ。