簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

日用品は「普通」を選び簡単に暮らす

日常的に使う品は、できるだけ大手スーパーなど、どこででも買うことが可能な物を選ぶ生活に戻しつつあります。一部、どうしても「これでなければ」というものは通販で取り寄せることもあります。ですが妥協できるものについては「普通」のものを選んでも実は「大差がないのでは?」と思うようになりました。

純石けん系洗剤は、合成洗剤より本当に勝るのだろうか?

例えば、その一つが石けん洗剤です。元々は合成洗剤を使っていました。けれどもある時期から石けん洗剤を使うようになりました。確かに汚れ落ちがよく、仕上がりも良い物でした。

けれども、どうしても洗剤が溶けにくい、扱いのない店も多いという使いにくさもありました。石けん洗剤は、使い方のコツがあります。それをつかめば使い方は難しくありません。けれども、例えば家族全員にその使い方を習得してもらおうというのは少し時間がかかります。そのため、急に主婦が家を留守にする用事ができた時など、家族が気軽に洗濯しにくくなったりもします。実際、我が家でそんなことになって「しまった」と思ったことがあります。

 

急に家を空けなくてはいけなくなったとき「洗濯しておくよ。」と言われたのですが当時、「石けん洗剤でないとダメ!」と思っていたのです。そのため急なことなので頼むことができませんでした。結局、その分急にタオルと下着、ソックスを買い足すことになってしまったのです。

このように、ちょっと一般的ではない物を使っていると思わぬ不便を強いられることもあります。

それで再び合成洗剤を使ってみようと思い、「そもそも石けん洗剤は、本当に合成洗剤に比べてエコなのだろうか」と疑問を抱きました。

少し調べてみると、昔は確かにそのような懸念もあったけれども、現在は、ほとんど解消されているという情報を発見しました。

久しぶりに合成洗剤の使用を再開しました。洗い上がりは特に問題ありません。洗剤の溶け残りもありません。さらにいつでも通販を使わなくても気がついたときにすぐに買うことが可能になりました。

実際のところ、合成洗剤と石けん洗剤のどちらがよいのかわかりません。ですが、絶対に石けんがベスト!とは言えないのではないかと考えるようになりました。

どこの店でも売っている物を使い始めたら、買い物が簡単になりました。以前、通販でしか買えない物を使っていたときには「せっかく注文するからついでに多めに買っておこう」というように少し多めに買ってしまう傾向があったのです。

ところが近隣のどこの店でも買える物を使っていれば、「なくなりそうになったら買う」事を無理なく自然に行うことができます。

 

物を減らしたいとき、物を減らす前に、「簡単に買えるものを選ぶ」ことで自然とストック品を減らす事が可能になります。