簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ローテーブルより、ダイニングテーブルの方が散らからない。

少し高さのあるダイニングテーブルをメインに使ったら、床に物を置くことが激減しました。結果として部屋が散らかりにくくなりました。

a0027_001579

以前はリビングにはローテーブルを置いていました。確かに省スペースですし床に直接座ると落ち着きも得られました。

けれども、その反面、床に物を置きやすくなります。リラックスしているときに正座は無理なので、私は膝を斜めにして座り、夫と子供はあぐらをかいたりして座ります。ところがこの体勢は結構きついものです。

思い切ってローテーブルからダイニングテーブルへ

昨年、思い切ってこのローテーブルを無印のダイニングテーブルに変更しました。邪魔にならないようにイスは丸イスにしました。当初、「丸イスなんて落ち着かないかな?」と思いました。

けれどもその心配は無用でした。テーブルとイスを置いても圧迫感がありません。片手でも持ち上げられるので、掃除もラクです。時にサイドテーブルのようにも使えます。

テーブルも、以前のローテーブルより面積が広くなりました。そのおかげで食事もゆったりすることができるようになりました。

何より、床に物を置かなくなりました。同時に座っていて体勢がキツイこともなくなりました。ローテーブルの時よりも部屋の中心にはっきりとステージができたせいか、物は増えているしサイズアップしましたが、不思議に以前より部屋がスッキリして見えます。

スッキリ暮らしたいと思うとき、できるだけ小さい物を選んでします。ですが時にサイズアップした方が使い勝手がよく、散らかりにくくなるという思いがけない現象が起きたことに驚いています。

また、以前のテーブルよりも薄い色を選びましたので「汚したくない」という心理が起きるためにマメに拭くようになりました。