簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

暑い日は、文具の片付けがハードル低くておすすめ。

一度「これでほぼ完璧!」と思っても、それは永遠に続きません。いわゆる「リバウンド」とも違います。家族を含め自分についてもライフスタイルが変化します。また、興味の対象が変わることもあります。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPP_casenisyuunousaretakurippu-thumb-1000xauto-12900

 

(イメージです)

 

 

そのため、一度使いやすく整っても、使う物が変化するのですからそれは自然なことです。しばらくすると家の中がザワ付くことがあるのは当然です。

間違っても、いわゆる「リバウンド現象」だと自分を責めない事が肝心です。

最近は、その中でも最もハードルが低い物の見直しをしました。最もハードルが低いものとは文具です。なぜ、これらのハードルが低いのでしょう。その理由とは・・

 

文具の整理、片付け、収納の見直しが簡単な理由

  • 小さい
  • 軽い
  • 代替えが利く
  • 使う使わないがはっきりしている
  • 思い出に繋がる物が少ない
  • 捨てやすい
  • 家中から集めるのが容易

 

・・といったところです。

反対に、大きいもの、重い物は処分したりすれば効果が絶大です。けれどもその代わりハードルが高いのです。理由は、上記に書いてある事の反対ですね。また大きい物は買うときの思い入れが大きく、家具などは親からのお祝いだったり、思い出を感じてしまい、迷う事が多いのです。また、移動や処分も一人では無理な事が多いので、即断、即決しにくいということがあります。

その点、文具や事務用品は決断のフットワークが軽いのです。一見、小さい物なので「整理してもたいして見た目にも変わりないのでは?」と思いがちです。けれども、全然そんなことはありません。なぜなら、文具、事務用品は小さいのであまり意識に残らないだけで実は使用頻度が高いからです。

片付けの方法は片付けのカリスマである近藤麻理恵さんの方法を参考にしました。

  • 家中から文具を一カ所に集める
  • 使う物を取り分ける
  • 残りを処分する
  • 使う物を使い場所に配置する

 

この間に文具を立てていたペンケースを台所洗剤で洗って乾かしておきました。(無印クリアケースシリーズ使用)

元に戻して終了です。

 

減らし方については、こんな記事も書いています。 http://kurase.com/2015/03/16/bungu-herasu/