簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

粗大ゴミが一般ゴミになるかも。違う角度から構造をじっくり見てみよう。

粗大ゴミ扱いと思っていたものを、裏からじっくり見てみたら、何と普通ゴミに出せる事が判明しました。

「そのうち処分しよう。」粗大ゴミ扱いになってしまう物については、ついそんな風に先送りしがちです。一般ゴミ扱いで出せる物なら、即処分していたはずが、粗大ゴミ扱いサイズになった途端、「いや、使うかもしれないし。」と、先送りの理由を自分に告げていることがあります。

ひっくり返してみたら

我が家も例外ではありませんでした。「そのうち、粗大ゴミに出そう。」と思っていた電子ピアノのイスが押し入れにありました。数年間、押し入れに何となくしまっていました。そんなに大きい物ではありませんが、一般ゴミではなく粗大ゴミ扱いになってしまう微妙なサイズです。

 

ところが、最近、ふとひらめいたのです。「実は簡単に分解できる構造だったりして。」と。早速、押し入れから出してひっくり返してみました。

すると・・なんと!足の四隅にネジがあり、工具までセットしてありました。これは、もしかすると簡単に脚が外れるのではないでしょうか!

RIMG0341

まず、付属の工具を外してみました。ご丁寧に、きちんと「YAMAHA」の刻印があります。

案の定、この工具でネジは簡単に外れました。

RIMG0344

見事、一般ゴミ(不燃ゴミです)サイズになりました。

そんなに大きくはないものですが、押し入れからなくなったので、かなりスペースが空きました。此まで、椅子の下と上に何となく物を置いていました。押し入れ内部のちょっとした棚代わりになるので「絶対不要」とまで思えなかったのです。ところが処分してみたら「本心は処分がベストだったのだ。」とはっきりしました。

先日のコードレスクリーナーの件もそうですが、物をよく見ているようで見ていないものですね。いまひとつ活用していないものでも、じっくり眺めてみると何かしら解決することがあるようです。処分を少しでも考えたものがあったなら、少し時間を取っていろんな角度から観察してみると良いようです。