簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

極小財布の小銭問題。私は、このようにしています。

極小財布はコンパクトで良いけれど、お釣りで受け取った小銭が増えると入らなくなることがあります。また、ハイキングなどで小銭を多めに持参したいときもちょっと不便です。そこで私は、これを利用しています。

 

 

まずは、私の極小財布です。

RIMG0526

 

 

小銭入れは、そこそこ入るのですが、やはり時に足りないことがあります。

ちなみにこの財布を広げると、こんな感じです。

 

そこで、登場するのが真ん中のものです。

 

 

ジッパー袋です。

入りきらない小銭は、こちらに移動してもらいます。

 

「入らない小銭を入れる」だけではなく、「小銭入れそのもの」として使う場合もあります。

初めに、財布には、一切小銭を入れずにおいて、このジッパー袋に小銭を入れておきます。小銭が必要なときだけ、ここから出すのです。「お札が使えないときの予備用」です。

 

お金は「財布」に入れなくても良い。

「お金は財布に入れる物」という思い込みをなくすと、財布のヒントは広がりますね。考えてみれば「お金が入ればいい。」のであって、必ず「財布の顔」をしていなくても良いのです。

ペンケースでも、化粧ポーチでも、名刺入れでも(ボタン付きのものとかありますよね。)、大きさと使い勝手に問題がなければ何でも良いのです。

ただし、ジッパー袋は小銭を入れるだけなら良いですが、お札だけの場合、軽すぎてつるりと滑りやすいので他の物と一緒に落としたりなくしたりしやすいと思うので、小銭だけ・・か、小銭プラスお札までが限度だと思います。

 

参考までに

私と同じ財布は完売で、現在はこちらの品を販売しているようです。購入店は同じです。リンク先は楽天です。