簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

冷蔵庫の自動製氷機能は要らない。

冷蔵庫の自動製氷機能(「勝手に氷」などと呼ばれている機能です。)は要りません。我が家の冷蔵庫は結婚してから一度買い換えましたが、いずれも製氷機能のないものを使っています。

氷は、その都度製氷皿に水を入れて作る、それで十分

氷は冷蔵庫に備え付きの製氷皿1つ分に、水を入れて作っておきます。氷はその都度自分で水を入れてセットしなくてはいけません。けれど、これで十分間に合っています。製氷皿に入っている氷と、予備に800ミリリットル容量のタッパーに入れてある氷が一つ分です。

そもそも、氷を使うのは、どういうときでしょうか。

 

  • 飲み物に入れる
  • 料理中、食材を冷やす
  • 病気の時

普通の家庭に大量の氷は必要ない

普通の家庭で、短期間の間に大量の氷が必要な場面は多くありません。仮に数名の来客があったとして多くは飲み物に入れる場面です。飲み物に大量の氷が必要なときにはコンビニで氷を買って来れば済みます。その方が見栄えが良く、味も良いはずです。第一、そういう機会はそうそうありません。

氷を入れなくても、冷蔵庫に冷やしておけばよい

普段の日常生活で、飲み物に入れる場合には、家族だけであれば備え付けの製氷皿+アルファの氷で十分間に合います。冷たい水を頻繁に飲みたいのであれば「常温の水+氷」ではなく、冷蔵庫に予め水を冷やしておけば良いのです。 http://kurase.com/2015/08/27/mugitya-mizu-2syurui/

真夏限定のお助けアイテム

我が家では1ℓ容量にピッチャー2つを使っています。ただしそれだけでは冷えた水が追いつかないことがあります。けれども、そういう場面は真夏だけです。ですからピッチャーをもう一つ買い足す、氷を入れる必要はありません。

 

冷蔵庫のドアポケットのサイズ感に、ちょうど良いのがこれです。利用しているのは定期的に購入している、にんじんジュース、900㎖容量の空きペットボトルです。2ℓではドアポケットに入れるには大きすぎ、500mlでは小さすぎます。この容量が、サイズも容量的もちょうどよいのです。

 

RIMG0563

「ない」ならないで何とか暮らせるところを「ある」から無理して使ってしまうものです。家電などに機能が「ない」のと「ある」のと比べてしまうと「ある」方が得だと思って選んでしまいます。でもそれって本当に得なのでしょうか。

必要ない機能を使ううちに、感覚や感性が鈍ります。それも自分も気が付かない間に、です。こういうことは得とか損などでは比較できない大切な感覚です。

「大して変わらない値段だったら、たくさんの機能が付いている方が得」そう考える人が多いので、企業は「売る」ために余計な機能をどんどんくっつけた製品を作ってしまうのでしょう。

 

どんなに優れた機能でも、自分に必要ないものは要らない。

今時、そういう選択で物を買う事は時に割高な買い物になることがあります。けれども、その品物を使うのは誰でしょうか。他でもない自分と家族です。長い目で見れば、購入時のわずかな割高をスルーしてでもシンプルで自分に必要な物だけを選ぶことが結果として暮らしをラクにしてくれます。

私たちは、ついつい、物事の判断を「お金」に換算して損得を判断します。確かに「お金」の支出の有無は大事ですが、同時に自分たちの暮らしのフットワークに換算することも大切なことです。

 

 

 

参考までに

アマゾンはこちら

(トップに表示される販売店はアマゾンとは限りませんので、リンク先で「新品の出品」をクリックして希望の販売店を選択してください。アマゾンはトップに表示される販売店は、その都度変わります。)

JAふらの 富良野にんじん100 900ml×12本

 

楽天はこちら

楽天JAふらの楽天市場店です。

≪送料無料≫富良野にんじん100 900ml 12本入◆期間限定!おまけつき!!