簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ミニマリストは、部屋にラグ敷いたらダメかな?

ブログや書店に並ぶ本で、ミニマリストのお部屋を拝見することがあります。そこに映るお部屋に共通していること、それは「ラグを敷いていない。」ってことです。たいてい、ツルツルピカピカのフローリングがむき出してす。皆さん、たいていラグを敷いていません。

ラグがないと、ダメなんです。

私もミニマリストランキングに参加しているのですが、ラグはないとダメなんです。たとえ夏でも寒いです。床が冷たいです。多分、床暖房が入っていてもラグは敷くと思います。それは体感温度ならぬ「視覚温度」が低いから、です。

ラグがないお宅の方に共通しているかもしれないこと。

そこで、ふと思ったのですが、改めてラグを敷いていない方々で、ブログや著書から足下の様子が垣間見える方がいらっしゃるのですが、さらに共通していることがあると気付きました。

素足!(室内で)

ミニマリストは暑がり&非・冷え性かも

たまたまかもしれませんが、ラグを敷いていない方は、ソックスも履いていらっしゃらない事が多いみたいです。(気付いた範囲です。)もしかして、ミニマリストの方々って、寒さに強いというか、冷え性ではない確率が高いのでしょうか?

どちらかというと、暑がり・・みたいに。

一般に、暑がりの方は免疫力が強く、生命力が強いと聞いたことがあります。考えてみれば、寒がり&冷え性というのは、多くの物を必要とします。それに対して暑がり&非・冷え性の方は、薄着で良いので多くの物を必要としません。夏を基準に冬は少し何かを追加する程度で良いのではないでしょうか。

物をもっと減らすなら、体質改善

・・と、ここまで書いていて、あることに気付きました。

 

物を減らすにはまず、体質改善!と。

 

冷え性を克服して、暑がりまで持ち越すことが可能になれば

室内では裸足、スリッパ不要、ソックス不要、様々な防寒具は最小限で済みますね。そして部屋のラグも撤去できることでしょう。