簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

かさばらない世界一軽い化粧ポーチ

普段、外出するときの化粧ポーチは100均で調達できるジッパー付き袋を使っています。キャン・ドゥで7枚入り108円で購入しました。

勤務中の女子社員がトイレで何気にチェックし合うような状況にはありませんので、十分なのです。使うときは、バッグに入れたままジッパーの袋を開けて出し入れします。バッグの外に出す必要がないので、見栄えを気にする必要もありません。

RIMG0024

 

中身は、軽量化のためにファンデーションは外出用と通常用とは別の物を使っています。通常用は長方形の普通のパウダーファンデーションですが、外出時の持ち歩き用は、化粧の崩れを少し整えれば良いので、ルーセントパウダーを利用しています。このインテグレートのパウダーは、ケースもコンパクトなのでかさばりにくいです。他にはアイブロウと口紅、色つきリップですね。

 

現在のメイク事情

ちなみに現在、通常のメイクはパウダーファンデーション、アイブロウ、口紅、チークだけです。少し念入りにするときにはパウダーファンデーション下にコンシーラー、上記のメイクに加えアイシャドウ、ハイライトです。少し前まではアイライナー&マスカラ&アイラッシュカーラーで目元を整えていました。が、昨年眼科に通院して以来控えています。

本来は、こんな感じに使うとより良い仕上がりになります。

ファンデーションについて

本来は、パウダーファンデーションではなく、クリームタイプのファンデーションのあとにルーセントパウダーで仕上げると肌に自然な透明感が出ます。ですが、ちょっと手間がかかるので最近はパウダーファンデーションだけで済ませちゃっています。

口紅について

口紅も、本来は輪郭の色を少しダークな色で輪郭を描き、内側をメインの色で塗りつぶし、最後に中心付近にやや明るめの色か、グロス型の口紅を自然に見えるようになじませると良いのです。が、最近はこれも簡略化しちゃっています。

インテグレートの画像の口紅はスティックのまま直接でも輪郭を取りやすいので、これ1本で済ませてしまいますね。

その他の持ち物について

虫刺されの薬を常備しているのは、すぐに塗らないと腫れ上がってひどいことになってしまうからです。(ちょっとしたアレルギーがあるみたいです。)あとは2回分の頭痛薬、一枚だけのカット板、化粧直しにすぐ使えるようにポケットティッシュ、です。