簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

より良い物の選び方。それを生み出すための「気合」の度合い。

より良い物の選び方のコツはあるのでしょうか。

少ないもので暮らしたいとは言っても、物の力なくして暮らすことはできません。何らかの物を買う事になります。その際、以前は単に「安い」とか「使いやすそう」などで選ぶことがほとんどでした。

「より良い物」とは作り手売り手の気合と本気度が見えるもの

ところが、ある時期から、物を見た時、手に取った時、「その物を生み出すための気合や本気度の入りよう」のようなものを重視するようになりました。

「気合」を入れて生み出されたと思われる物は、使い勝手が良く、細かい部分まで練りに練られて思案した結果、生み出された物が多いのです。

それに対して、「何となく周囲で流行っているから、便乗して適当に作って売れるうちに売ってしまえ」の様な物の気配を感じるものは、一応の体裁は整っているのですが、何かが足りないのです。

そして、そうしたものは価格に対しての満足感が少ない事が多いのです。

けれども、練りに練って、塾考して生み出されたものは、商品としての密度が違います。そして何より売れた後のことまで考えられているように思えます。

「より良い物」とはつまり、それを生み出した人なり、企業なりが、本気で買い手のメリットを考え抜いて工夫を重ねて作られたもののことです。最近、そういうことを感じるようになりました。

どんな種類のものでも、この原理はたいていの場合、あてはまります。買おうかどうか迷ったときには「それを生み出す作り手、売り手の気合、気合度」を目安にします。

もちろん、物には商品化の経緯など、どこにも記されてはいません。けれども手に取れば誰でもわかります。手に入れるかどうか迷ったときには、こうしたことを目安にするのもひとつの方法です。