簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

要領よく服を減らそう。冬服で残すべきは、実はアウター。

 

冬の服は、アウターのバリエーションをメインにしたほうが効率的ですよ。実際、私はそうしています。勘違いしてほしくないのは「アウターを増やしましょう。」という意味ではないんですよ。「冬の服を減らすならば、アウターはほどほど残しておき、中に着る服を減らした方が効率的ですよ。」というお話です。つまりは「減らす際にどっちを優先するか?」についてです。

冬はアウターしか見えない

冬って、外を歩いているときには「アウターと履き物」しか見えませんよね。もっとも、勤務先が私服での仕事の場合や、プライベート空間でも人との会合が多い場合はそうではありませんよ。でも、冬は人との会合もやや少なめになりがちですよね。

優先して減らすのはアウターで、本当にいいの?

ということで、冬の服は「アウターをメイ」ンにして、「中に着る服のバリエーションを減らす」方が効率的なんです。普通、冬の服を減らそうとするとき、真っ先に目を付けられるのがアウターです。普通の服は適度に持っていても、アウターは少ししか持たない人が多いですよね。

確かに、アウターは、普通の中に着るセーターや、シャツと違い、毎日同じでも誰も何も思いません。洗濯もシーズン終わりに1回で済みます。だから1~2枚でもOKってことなんでしょうが、本当にそうでしょうか。

実はアウターを優先して残すほうが効率的

アウターを着ている時間って長いです。そして、面積も大きいから印象に残りやすいのです。だから、冬の服を減らすとすれば、先ほどのような例外以外は、アウターを優先して複数枚、少々バリエーションを持たせて所有して、中に着るセーターとか、シャツ類は少数という方が効率的ですよ。

 

次のページ「2」へ続きます。

「1」ページからの続きです。

 

例えば、服を買いに行くとしますよね。こういうとき、試着のために店員さんの前でコートを脱がなくちゃいけない時があります。そういう時は、あまり気の抜けた格好をしない方が良いです。けれども、同じ店にそのシーズン中に何度も行くわけではありません。だから、気が抜けていないバリエーションは、少しの組み合わせしかなくても大丈夫です。

アウターしか見えていなくても、実はチェックされている

けれども、例えば毎日の幼稚園への送迎、子供の習い事への送迎・・子持ち主婦の毎日ってそういう場面が多いですよね。(私はそういう年代は過ぎましたが)こういう時期って私服でありながら、意外にお互いファッションチェックされています。だから気が抜けない、何とも言えない緊張感が漂う時期です。

優先する服を要領よく選ぶ

こういうときも、だいたいが見えるのはアウターと履物だけなんです。となれば、やっぱりアウターのバリエーションを持たせて、中に着る服は少数精鋭というやり方の方が合理的で無駄がないのです。

ただし、「アウターは値が張る」と思いますか?アウターは、幸いに数シーズン着ていても違和感がありませんよね。それに意外と着る期間は長いのです。だから「見られる頻度」を考慮すれば決して無駄ではありません。それよりも同じような真冬の服(セーターなど)をたくさん持ってもアウターで隠れて誰にも見えません。

アウターで隠れてしまう服を優先するのは非効率的

その辺は、要領よく優先するべきものを考えて用意したほうが良いですよ。アウターで隠れてしまう服をたくさん持って、アウターは少なくても間に合うからと減らすことは、よく考えた方が良いです。

確かに、他人の目線を意識するのは他人に流されるようで本意ではありません。でも、関わる人の全てに「私はこういう理由で物をたくさん持たないんです。」と言って回るわけにはいきません。となれば語るのは見えている自分だけです。

世間一般の「減らす」概念にとらわれないことが大事です。「今の自分にとって優先したい事」を正直に把握して要領よく取捨選択しましょう。