簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

アマゾンパントリーって何?得なの?調べてみましたよ。

アマゾンパントリーという新たなシステムが2015年9月から開始されていたのを知っていますか?私は、最近この存在に気づきました。「これって何?誰が使えるの?で、得なの?」という疑問が沸きましたので調べてみましたよ。

それでは初めに、概要を確認しましょう。

誰でも使えるの?

アマゾンのプライム会員(有料年3,900円税込み)だけが、利用料金ひと箱290円を支払う事で利用できます。

「あわせ買い対象商品」との違いは?

  • 「アマゾンパントリー」は、Amazonプライム会員のみが利用できます。(別途追加手数料必要)(学生さんならAmazonStudent会員で年会費1,900円(税込))
  • 「あわせ買い対象商品」は、通常商品で、アマゾン販売商品、購入の注文額合計が2,500円(税込)以上の場合のみ注文できます。別途手数料は発生しません。

 

何を扱っているの?

食品、日用品、飲料、などの生活に必要な細々したものです。こんな感じですね。下図は一例です。こんな感じでお菓子やトイレットペーパー、洗剤など単体で選べます。

食品

 

日用品

その他、こんなのもあります。目的があれば、テーマ別の中から選べば時間をかけずに効率的に選べそうです。何を買うか迷うときには便利です。

利用料金は別途必要なの?プライム会員料金込みなの?

別途利用料金が必要です。ひと箱290円です。

ひと箱に入れられる量はどのくらい?

52×28×36の容量か、12㎏以内ですが、画面に入れられる限度が表示されます。

購入金額の最低ラインはあるの?

ありません。ただし、(アマゾンプライム会員の手数料の他)別途ひと箱あたり290円の利用料が必要です。

アマゾンで扱っている物なら全部対象なの?

「パントリーボックス可商品」のみです。対象商品にはマークが付いています。

アマゾンの通常商品と、アマゾンパントリー対象商品は同じなの?

違います。

アマゾンパントリーのメリットはあるの?

アマゾン通常商品では販売個数単位が多い物が中心ですが、アマゾンパントリーはコンビニで買い物するように低価格の商品を一個単位で買うことが出来ます。必要な物を単数で複数買うことが出来ます。2」「で、得なの?そうでもないの?」へ続きます。

「1」からのつづき

で、得なの?そうでもないの?

得かどうかは各自の利用予定と好みによって違う

私の場合は、正直なところ、得の印象を抱きませんでした。

そして、このシステムが始まる以前はアマゾンプライム会員であれば、何回でもいくらからでも送料を追加で支払う必要がありませんでした。要は、低額の商品を中心に一部手数料を負担してもらう形に変更になったという事だと思います。

一部利用料の負担があることは、購入者が余計な料金を上乗せされないということ

かつては全部無料だったので「一部、利用料を追加で負担する必要があるので微妙」と思う人、(ただし、かつては例えばかっぱえびせん一袋をアマゾンで買えなかったかもしれません。)「290円でいろいろ注文できるなんて便利!」と思う人。いろいろでしょうか。

「追加料金発生?改悪!」と思いそうですが、実はこのシステムは公平に買い物をできるようになったという見方が出来ます。

それは、アマゾンプライム会員でもヘビーユーザーと、そうでない人がいるであろうからです。ヘビーユーザーは得していますが、あまり利用していない人は余計な料金を支払っていることになります。

そしてヘビーユーザーが一定金額以上の商品を注文してくれればよいのですが、一律追加料金が必要ないとわかると、少額の商品を単体で何度も注文する人もいるかもしれません。それでも規約内ですから、その通りに配達されるでしょう。ところが、そういう方が増えると、アマゾンは購入者の誰かにそれを負担してもらう必要が出てきます。つまり価格がアップしたり、他の手数料などがアップするなどです。

というのも、例えばアマゾンプライム会員になっていても、たくさん利用している人と、あまり利用していない人によって、「元を取った感」には実際差があったと推測するからです。

つまり、例えば単純に回数で見た場合、Aさんは年間、30回利用している。Bさんは7回利用しか利用しなかった。となるとAさんがたくさん使用している送料の実質的コストを、あまり利用していないBさんが負担してあげているということだからです。

つまり、「元を取っていないBさんが、ヘビーユーザーのAさんの負担分を代わりに負担してあげている」ということです。

同じようなことは世間で多数あります。例えば、最近注目されているスマホの「実質端末無料の料金を、長く携帯電話会社を変更せずに使い続けている人が、まわりまわって負担しているので、企業は損をしていない」ということです。

またオール100円の回転ずしなども同様です。100円の寿司には原価が高い物と低い物が混在しています。Cさんが原価の高いネタばかりを食べて店の利益が減るかと言うと、そうではありません。原価の高いネタを食べる人もいますが、原価が低いネタを食べるDさんがいるので、店は赤字にならないのです。

統一料金は、実は不公平

けれども、このような統一価格は、客にとって不公平でもあるということです。従来のアマゾンプライム会員のシステムでは、ヘビーユーザーのAさんは得をしているかもしれません。ですが、Bさんは、みすみす余分な料金を支払っていると言えます。

つまり、統一料金(送料全品無料など)は、一見、得なようですが、少量しか買わない人の分までたくさん購入した人が負担してあげているということで、不公平でもあると言えます。

手数料負担は実は公平で善良なシステム

ですから、初めから公平な価格で販売するには、少額しか買わない人にはそれなりに手数料を負担してもらうのが妥当なのです。ところが一律手数料無料とした方が多くの人が飛びつきやすいので、そうしているのだと思われます。

けれども実態は、少ししか買わない人にとってはあまり良いシステムではなく、場合によっては支払う金額が不公平だと言う側面も出てきます。「3」『アマゾンビデオ見放題などの特典追加も影響しているかもしれない』へ続きます。

「2」からのつづき

 

Amazonプライム・ビデオ見放題などの特典追加も影響しているかもしれない

最近、Amazonプライム会員になると、Amazonプライム・ビデオが無料などの特典が付加されました。もしかすると、この特典の穴埋めという可能性もあるかもしれませんね。これ、作品数を確認してみると、「アマゾンビデオ」のうち「amazonプライム」の印の付いてる作品が対象という意味です。アマゾンビデオの全てではないので注意してください。

そのほかAmazon Prime Musicで音楽聞き放題の特典もあります。ただし、私は現在、特に音楽を聴きませんので必要とはしません。聴きたい作品があるかどうかですが、聞きたい人はお得感はあるでしょうね。

「得」は誰かが穴埋めしている

結局、得をする面があれば、どこかが、何かが誰かが代わりに負担しているという現実があるんですよね。だから「トクだ!わ~い」と喜ぶ前に、「誰が、何がそれを穴埋めしているのか?」ということに注目すれば物事の本質が見えやすくなります。

そして、私はアマゾンプライム会員ではありません。基本的にアマゾンが直接販売しているものは一個から送料無料です。ですが、私はアマゾンに、かなりいろいろなものを、まとめて注文します。金額も個数も一個、少額ということはありません。そもそも送料は無料なのでそれでも何も変わりないのですが、その反面、中には少額の品を単体だけで注文する人もいるわけです。

たくさん購入する私も送料無料、ちょっとしか買わない人も送料無料です。この場合、得をするのはちょっとしか買わない人です。

通常商品の「あわせ買い対象商品」との違い

ですが、通常商品も数年前から、アマゾンは少額の品の一部について「あわせ買い対象商品」というものが設定されました。「注文額合計が2,500円以上の場合のみ、注文できます。」というシステムです。これによって、少額の品を単体で注文する人を防止するようになったと言えます。

アマゾンパントリーにこれまで購入した愛用品の扱いがあるか確認してみた

念のため、これまで買ったことのある日用品、消耗品をアマゾンパントリー対象商品になっているかを調べてみました。結果は、扱いはちょっと少ないという印象です。

例えば

  • ×太陽油脂のパックスナチュロンシャンプー詰め替え
  • ×アレッポの石鹸ローレル
  • ○オカモト酸素系漂白剤

という結果でした。

プライム会員でないと買えなくなったものも!

そこでちょっと違和感があったのはパントリー対象商品になっている「オカモト酸素系漂白剤」についてです。これは、以前、何度もアマゾンから通常扱いで購入していました。(買い合わせ対象だったかは忘れました)ところが、先日、注文しようとすると、アマゾンプライム会員のアマゾンパントリーでしか注文できなくなっていたのです。

仕方なく他のメーカーの品を注文しましたが、これはプライム会員ではないと言っても、かなり利用をしている客であるのに、不公平感を抱きました。

つまり、これまで買えていた品がアマゾンプライム会員にならないと買えなくなった品もあるってことです。それは固定ではなく変更される可能性もあるでしょうが、それはちょっと不便になったと思っています。

アマゾンパントリーの品ぞろえについて

さらにはアマゾンパントリーの品ぞろえですが、あまり良いとは言えない印象です。限られている感じですね。でもコンビニに置いてある程度+αの品ぞろえがあるので、こだわりがなければ十分ともいえます。

特典の「アマゾンビデオ見放題」のラインナップについて

そして、アマゾンプライムの特典であるアマゾンビデオですが、これって種類が少ないですね。でも、好みがあえば得かもしれません。

実は、アマゾンビデオのタイトルが、自分が観たいものが多そうなら、そしてアマゾンパントリーの品ぞろえが、通常商品並みなら会員になってもいいかな・・と検討してみたのです。元々アマゾンはかなり利用していますから。

プライム会員最大の特典である「お急ぎ便、日時指定便無料」の必要性は感じない

そしてプライム会員になるとお急ぎ便が無料で何回も利用できます。ですが、お急ぎ便を利用しなくてもアマゾンの配送は早いです。なので特に必要性を感じません。当日配送なんてしなくても間に合いますし。

日時指定ですが、配送はヤマト運輸なので、クロネコメンバーズ会員になっています。そのシステムを使い簡単に希望日時に変更可能なので必要ありません。

住む地域、好み、ライフスタイルによっては大いに恩恵もあり。

けれども、この特典や内容が物足りなかったので、特に加入の必要性を感じなかった次第です。けれども、これらの内容でも十分と感じるならば利用する価値はあると思いますよ。

得かどうかはそれぞれですが、判断の目安はあります。

私の場合の印象ですが、このくらいのラインナップなら、「ネットスーパー利用で対応できそう。」と思いました。ネットスーパーは、すでに単品、少額で注文可能です。店によって一定金額以上は手数料が必要ですが、米などをついでに注文すれば、簡単にそれはクリアします。この場合「広告の品」も買えます。生鮮食品も同時に買えますし、当日配送も可能です。

それを上回る利用目的があるとすれば「他の注文のついで」ってとこでしょうか。アマゾンで、何かを注文した時に、受け取りが一回で済むというメリットです。

一人暮らしの女性、仕事が忙しい方、などは宅配の受け取りもできるだけ少ない回数にしたいですよね。

アマゾン配送+ネットスーパーよりも、アマゾン配送1本で済むなら、どの方が簡単です。またおそらくネットスーパーの場合は、基本的にマンションの宅配ボックスでの受け取りは不可と思われますが、宅配なら可能です。こうした事情がある場合は利用価値も大きいと思います。

 

つまり得かどうかは、各自の好み、ライフスタイルによって異なるってことです。これらを踏まえて利用するかどうかは時分次第ですね。

参考までに

Amazonプライム AmazonStudent Amazonプライム・ビデオ Amazon Prime Music