簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

タッパーを買い換え。収納場所と方法を公開。

2~3年くらい使用した食品用のタッパーをリニューアルしました。購入したのはこちらです。

RIMG0315

このように、ふたを外せばスタッキングできます。

RIMG0316

ふたを閉めるとこんな感じです。

RIMG0317

真上から見るとこのような形状です。

RIMG0319

これまで使用した物との大きな違いは、フタの仕様です。まず、このように湯気を出す穴が開け閉めできるようになっています。

RIMG0321

 

閉めるとこうなります。

RIMG0323

これまで使っていたのは右側、100均品、800㎖

今回購入したのが左側、680㎖です。

RIMG0325

今回購入したものは、水漏れしにくい仕様です。ちょっとしたランチボックス代わりにも使えそう。色がついてないので、フルーツなどを入れると綺麗かも。

RIMG0326

 

もちろん、耐熱温度が140度なので熱湯もOKです。

冷凍も可能です。

使用頻度が高いので食器棚の一番使いやすい位置に

そして収納は食器棚の中です。立って目線と同じくらいの高さの位置に、このように収納しています。使用頻度が高いので、一番使いやすい場所にしまっています。タッパーは3種類サイズを使っています。そのうち2種類がここです。一番サイズが大きいものはフタのみ、こちらに収納して、他はシンク上です。

元100均のパスタ入れに奥の小サイズのタッパーのフタを立てて収納しています。現在、全部使用中で画像には載っていません。

タッパー

 

小サイズのタッパーは100均品で380㎖容量です。このふたは時にさらにかぶせてラップ代わりにも使っています。

RIMG0032

前に使用したものはふたを乗せる感じですが、これはきっちり閉まるタイプです。そのため水漏れ対策には良いのですが、ちょっと入れるだけのような場合、フタを開けるのにちょっとだけ力が必要です。それだけきちんとしまっていて密閉力が高いということです。

ただし、それが使いやすいかどうか、となると特に密閉力を必要としない物の場合は開け閉めの手間がかかる分使いにくいという側面もあります。物はとても良いと思います。