簡単に暮らせ

ちゃくま・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

手をあまりぬらさずに調理器具を洗う道具を活用する

 

洗い物のフットワークを良くするために食器洗いブラシは欠かせません。何度も買い替えながら使い続けているのはマーナの食器洗いブラシです。いくつか種類がありますが、いつも買っているのは「ソフトタイプの小」です。

 

RIMG0163

 

毛は馬毛です。これはソフトタイプの毛です。この他にはハードタイプで毛先が堅い別の種類があります。ブラシの部分が、これより一回り大きいタイプ「大」もあります。これは「小」のほうです。

 

RIMG0164

以前、「ハードタイプ」も使ってみたことがあります。こちらの「ソフトタイプ」の毛先の方が使いやすいと感じました。フライパンとか、鍋などを一気に洗ってしまいます。

RIMG0165

このブラシは柄が付いていますので、触りたくない洗い物やスポンジでは色が移りやすいものに使っています。例えば、フライパンやキッチンバサミ、包丁、ナイフの刃の部分を洗う時に最適です。スポンジの場合、そっと手を切らないように注意して洗う必要があります。けれどもこれは柄が付いているので、あまり気にしなくてもササッと洗うことができます。

トマトソースやカレーなどはスポンジに色が移ってしまいます。そんなときに、このブラシを使えば、最後に手入れさえしておけば基本的に気になりません。(使い方によります)

同時に生活感のないデザインなので主婦のささやかな雑貨としての楽しみを感じられることも小さなメリットです。

柄の先にはフックがあるので吊るしておくことが可能です。柄の部分は木製ですが、特に汚くなるなどの支障は感じません。

 

リンク先は楽天です。