簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ローソンで買ったもの。コンビニの意外な買い物のメリット。

先日、ウォーキングのついでにローソンに寄って買い物をしました。コンビニはスーパーに比べて割高の印象がありますよね。でも、そうじゃないのです。スーパーで買うより安いものもあります。

ローソンで買った食品の価格

例えば、チューブワサビがそうです。普通にスーパーから買うと、150円くらいです。ところがローソンでは税込み108円でした。100円ショップと同じ価格です。

 

参考までに、この日買ったものの金額は次の通りです。

納豆  78

豆腐  95

ハム 160

卵  248

(税込)

このように、意外と安いのです。もちろん、納豆、豆腐などは国産の材料を使っているものではないなど、元々グレードが高くない商品も含みます。けれども単発的にコンビニで買えるものとしては十分です。

コンビニでは食品を買いすぎない

スーパーに行くと、つい「せっかく来たからついでに」の感覚で、買い物かごいっぱいにかってしまいます。一つ一つはコンビニより安くても、たくさん買えば確実に支出が増えます。もちろん、コンビニによって品揃えは違います。けれどもこんな風に、コンビニは生鮮食料品も一部扱っているところが増えている印象です。

 

コンビニは買い物の時短になる

暑い夏には朝の涼しいうちにサッと買い物を済ますことができれば無駄がありません。ウォーキングや散歩ついででも良いです。

スーパーは、店に入ると卵一つ買うにも、時間がかかります。卵の売り場はたいてい、店の一番奥にあるからです。さらにレジに戻り列に並びます。わき目も降らずに卵だけを買いに行っても最低5分はかかります。けれども、コンビニは少ない数の買い物には短時間で完了できます。

ネットスーパーに頼むほどでもない。でも、ちょっとだけ足りない。わざわざスーパーに行くほどでもない。くらいの時は、コンビニから調達することで余計な買い物をしないで済みます。コンビニの販売価格は「スーパーより高い」イメージがあります。けれども最近は、必ずしもそうではない商品があります。

さいごに

コンビニは店内の品数が少ないので何を買うか迷いません。余計な買い物をしないで済むメリットもあります。コンビニで飲み物やガムをつい、買ってしまうという人もいるようですが、私は反対に、コンビニに行くと必要な物しか買わなくなります。反対にスーパーに行くと余計な物を買ってしまいます。「食材はスーパーから買う」という概念をちょっと外して時にはコンビニから買うのもお勧めです。