簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

【服を減らすコツ】「違う」と思った服は、旬が過ぎないうちに手放す。

 

 

秋に買った服ですが、最近、手放しました。ちょうど、もらってくれる知人が見つかったので、譲ることにしました。「着られるか、着られないか」と言えば、着られる服です。その服自体、全く問題ありません。買った当初は「良いものを買った。」と思っていました。

違和感のある服は早めに手放す

ところが、丸一日着てみると、違和感があったのです。長く着続ける予感がしないのです。それ以来、一度も袖を通すことがありませんでした。

最近、ふと思い出して、まだ暖かくならないうちに、その服を手放しました。そうすれば、相手の方は、今シーズンの春先にすぐ活用できます。

どんなに買い物に気を付けても「微妙に違う」事が、後々「クローゼットの肥やし」になることがあります。そうであれば、「もったいない」と、クローゼットに寝かせておくよりも、その服を必要としているところに早めに出せばみんなにメリットがあります。「そのうち」と寝かせておくと服も旬を過ぎます。旬をすぎないうちに早めに結論を出す習慣が重要です。