簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

「特別な日」が物を増やす

「特別な日」は、うっかり余計な物を増やしやすいので要注意です。

私の場合、過去においては結婚がそのピークでした。もともと、自分が使っていた家具があるのに、婚礼ダンスセットを買い、大きな食器棚やテーブル、家電や食器、タオルや靴磨きグッズ等の細かいものまで買いそろえました。今、それらのもので残っているものはありません。

当時は食器と雑貨,家電以外は「ほぼ一生もの」のつもりで買ったのでした。おそらく私は婚礼ダンスなどをそろえるのが普通だった末期の世代なのだと思います。あと、ほんの3,4年違えば「買わないのが普通」に移行していたようです。

 

とにかく「特別」「イベント」という意識が大きいと「せっかくだから」という気持ちから、余分に物を買いやすいですよね。

「特別」には観光なども含みます。「せっかく来たから記念に」のように、何かを買う事をレジャーにしてしまうんです。

それから進学、就職、引っ越し、結婚記念日、誕生日、クリスマス、正月などもそうです。進学、就職、引っ越しなどでは実際に新たに物が必要な場合もあります。

普段の買い物は、よく考えて無駄のないように買っているのに、「特別な日」という意識があると、つい「特別だから」「せっかくだから」と、意識が緩みがちなので要注意です。もちろん、ときにそういう「ゆるさ」はあっていいんですけどね。

もし、「どうしようかな。」と迷った時は「特別な日」に惑わされていないかをよく考えてみた方がいいですね。