簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

500万画素の食感!スーパーでもコンビニでも買える、おすすめの市販アイスを紹介します

アイスが美味しい季節ですよね。と言っても、甘ったるい物、歯にまとわりつくような物、噛むのに力がいる物は苦手です。氷系のアイスは、頭がキ~ンとなったりしますよね。

 

そしたら、いい物を見つけました。先日、スーパーで何気に買ったこちらが最適!です。(食べてしまったので現物がありません)

このロッテの「爽」を食べたことがある方はいると思います。でもヨーグルト風味で「爽」ってちょっと想像がつかなくありませんか?

食べたことがない方のために改めて説明すると、バニラ系アイスとガリガリ君のような氷系アイスの中間の食感です。でも、それだけじゃないのです。

凍ったものって、バニラ系のクリームの要素が大きいと、まとわりつく感じがしますよね。かといって、氷の要素が強いとガリガリの食感が、ときに「う~ん」な感じの時もあります。子供の頃や、若い自分には全く気にしなかった要素ですが、歯にあまり衝撃を与えたくない今日この頃なのです。

何か特別な歯の疾患があるわけではないのですが、スッと口にできる物がいいのです。「それならバニラ型を食べれば?」っていうのが、従来のアイスだったと思うんです。

ところがこれは違うんです。

たとえて言えば

ガリガリ君の食感が100万画素だとしたら

この「爽」の食感は500万画素!

・・って感じです。

伝わりました?

え?

わかんない?

 

口にした瞬間、思わず

「500万画素の食感!」

と言ったら

脇にいた家族から

ブーイングが来ました。

 

「はあ?」(息子)

「画素数というのは、食感に表現する言葉じゃないだろ」(夫)

 

はいはい。

そうですね。

 

それほどきめ細かいってことです。

画素数についての、専門的な突っ込みはナシって事でお願いします。

 

結論を言うと

私はヒジョーにこのアイスが気に入った!

と言いたかったわけです。

 

氷の要素があるのにガリガリしない。

噛まないのに氷の要素がある。

 

氷の要素だけじゃなくてクリーム系の要素もあるから

優しいきめ細かい食感。

そういうことなんでした。

 

多分、どこのコンビニでもスーパーでも買えると思います。こういう物が気軽に食べられる日本ってすばらしいですね。

そして、こういう繊細な食感を市販品で作り出してしまうのも、日本人ならではの技だと関心しました。(ロッテさんとは何の関係もありません)

アマゾンからでも買えるみたいです。(直販ではありません、テナント店の販売です)

ロッテ 爽 いちごヨーグルト風味 18入

ロッテ 爽 苺ヨーグルト風味(果肉入り) 18入