簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

(40代ファッション)服は着まわさないほうが、うまくいく

 

最近は、服をアイテムで着まわさないようにしています。組み合わせを固定してしまう方法です。ファッション誌などでは少ない服のアイテムを着まわしを推奨しています。以前は、「着まわす」ことがお得で良い方法だと信じていました。

ファッション雑誌の「着回し」を再現するのは不可能

けれども雑誌と全く同じ服を全部そろえるわけにはいきません。「これだけ」と言われても、実際に同じものをそろえては、かなりの金額になります。仮に似たような服で低価格の物を買ったとしても同じです。

「少ない数」と言っても、それぞれを同じ印象で組み合わせるには、ちょっとしたデザインや色の違いがあるので不可能になるのです。だから雑誌で見たコーディネイトが完璧だからといって、自分が実践できる可能性は低いのです。

雑誌に載っている服は、プロのスタイリストさんが様々な店から選び抜いたものです。ですから雑誌の中では着回しが可能です。けれども、それを実践できる人はいるのでしょうか?

コーディネイトを固定すれば確実で迷わない

「着回し」は一見、合理的です。服の数が増えないので堅実な方法だと勘違いしていました。けれども実現不可能だと最近になって気付きました。そこでコーディネイトを固定する方法にしました。このようにすれば、あらかじめ用意した服を選ぶだけです。「何を着るか」と考えなくて済みます。おしゃれを楽しむことが趣味の人には不要な習慣ですが、これでやっと迷いが減りました。

 セット数の増減で自分流にちょうど良い量を

現在の夏は3パターンだけです。ひとつはご近所用というか、スーパーへの買い物スタイルです。それ以外は実質、2パターンを交互に着るだけです。もっとも、これは誰にでもお勧めできる方法ではありません。けれども、2パターンではなく3パターン、・・5パターンというようにパターンの数の増減で自分流に調整できます。服をたくさん持っていても、組み合わせをその都度考えるのは大変だと思う人には合うのではないでしょうか。