簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

台所の一部公開・ストレスがたまらない、お玉やフライ返しやまな板の置き場所

rimg0442

我が家の台所の一部を公開します。

毎日何度も使うお玉やフライ返し、まな板など。収納方法に迷っていませんか?「出しっぱなし」「その都度しまう」など、その人のライフスタイルに応じて様々でしょうが、我が家はこのように出しっぱなしにしています。

台所収納で大事なのは出し入れのしやすさ

我が家の台所は、「昔の台所タイプ」です。今時の引き出し収納が付いているようなタイプではありません。つまり細々したものをしまう場所が限りなくないのです。シンク周りの引き出しは、小さい引き出しが2つあるだけです。そこには箸やスプーン、弁当用品などの細々したものを入れるだけで精いっぱいです。

とてもじゃないけどそれ以外の物をしまう場所がありません。更に、仮に大型引き出しタイプ収納などの場所があったとしてもフットワークの良さを考えると難点があります。

壁に吊るす収納はフットワークが良い

そこで、入居時に壁にかける収納を検討しました。けれども、壁に引っ掛ける収納の難点は、油やほこりが付くことです。特に、昔一時期流行したネット上のパネルにキッチン用品をひっかける収納は、次第に油やほこりが付くので不衛生です。そこでホームセンターから壁に粘着テープでくっつけるフックを設置しました。

この位置は、ガス台と離れた位置にあります。さらに台所の入り口のすぐ手前ですから、台所の外側からは見えにくい場所です。つまり入り口から死角にあるので、見た目にもあまり影響がありません。

さらにこの真下には水切りカゴがあるので、少々濡れていても気にせず引っ掛けることもできます。

このように出しっぱなし収納の良さは何といってもフットワークの良さです。何が何処にあるかわかるので、家族から「あれどこ?」と聞かれることがありません。

そして洗ったあと、湿気が残っていてもすっかり乾燥させることができる良さもあります。ほとんど毎日フル回転していますから、ほこりがかぶる余裕もありません。

置き場所に困りがちなまな板ですが、必ずフックの穴が付いている物を選びます。そうするとこのように吊るすことができるので、置き場所に困らないのです。

台所の収納で大事なのは「しまうこと」ではなくて「使いやすさ」が一番です。このスタイルは私にはあっています。