簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

ネット銀行初心者向け・振込手数料を誰でも最低でも月1件0円無料(最高月15件)にする方法

銀行の振込手数料を払うのは当たり前・・ではありません。毎月一件の振込に800円超の手数料を払っていたものが0円で済みます。しかも毎月、期日までに銀行窓口の営業時間を気にしなくても良いのです。「そんな馬鹿な。」と思うかもしれませんが、紛れもない事実です。

住信SBIネット銀行に口座を開設するだけ

それでは、具体的な方法を説明します。代表的な例を挙げます。

はじめに、ネット銀行の住信SBIネット銀行に口座を開設します。

ネットバンキングはこれだけではありませんが、初心者の方は、この口座がお勧めです。

口座開設の方法は、住信SBIネット銀行のウェブサイトで確認して下さい。

口座開設には数日かかることがあります。

口座開設したら、早速開始です。

振込手数料をゼロ円にしたい振り込み額を住信SBIネット銀行に入金します。

住信SBIの口座に、はじめて入金するなら、初心者は提携銀行ATMで現金入金

銀行ATMに現金入金するなら「これまでと変わりない」と思いますよね。ちょっと待ってください。これまで3時までとか5時までに入金していませんでしたか。これが大きな違いです。

そして提携銀行ATMならば預入などの手数料は無料です。これまで手数料を気にして決まった銀行ATMに行っていた方は、都合の良いATMを選べば良いのです。

  • セブン銀行→セブンイレブン、イトーヨーカドー
  • ローソン
  • イオン銀行→イオン

・・など買い物や通勤途中には、いずれかのATMがあるのではないでしょうか。

提携銀行ATMからの入金は、ゆうちょ銀行以外は24時間です。つまり仕事が終わってから、いつでもいいのです。

住信SBIネット銀行へ入金する方法は、振り込み、現金でATMから入金があります。この記事を読んでいるということはネットバンキングの利用が初めてということですね。

であれば、はじめは住信SBIネット銀行の提携ATMから現金で入金します。提携銀行は

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • などがあります。

これらの提携ATMの預け入れは無料です。

 

最低でも誰でも月1回は振込手数料が無料。最高15回それを超えても一件154円(個人)

次に、いよいよ振り込みです。

気になる振込手数料ですが、ランク1~4までのランク付けがあります。

 

当然ですが、ランクが上になるほど特典が増えます。ひと月の振り込み手数料無料の件数がランクが上がれば増えます。

ランクは数字が少ない方が下、数字が大きい方が上です。(1→4)

ランクアップの条件は住信SBIネット銀行のウェブサイトに記載があります。

 

安心して下さい。

ランクが一番下のランク1でも振り込み手数料0円枠は月1回分あります。

つまり、誰でも口座開設さえできれば月1回は無料で振り込みができるのです。

 

毎月一件で800円超支払っていた振込手数料が、これで0円です。住信SBIネット銀行に口座を持っているだけで可能になります。

はじめに口座開設の手間は必要ですが、一度口座開設のわずかな手間だけです。たったそれだけで今後余計な出費をしなくて済みます。

その金額は、たとえば ひと月で800円として、月2件なら1,600円です。

ひと月で800円としても一年間では9,600円!です。3年なら28,800円、10年では288,000円にもなります!

月一件だけど侮らず、とりあえず口座を持って損はありません。さらに手数料無料回数を増やしたいなら・・

ランク2・・月3回

ランク3・・月7回

ランク4・・月15回

の条件をクリアすれば良いのです。

条件はランク判定チャートをクリアすることが必要です。

振込する手間と時間を気にしなくていい

さらに、無駄に支払った手数料だけではありません。ネットバンキングを活用しなければ、直接ATMに行くしかありませんよね。

ネットバンキングの口座をひとつも持っていないなら、振込も忙しい貴重な時間を無駄にします。銀行で振り込み可能な時刻は違うでしょうが、仮に「窓口営業日時のみ」なら更に大変です。同僚や上司に断って銀行に行きますか?

それが毎月重なると気兼ねも焦りも倍増です。

それが上記にようにネットバンキングを併用すれば、涼しい顔で家に帰宅してからゆっくり振込できます。

ネット銀行は使うのが怖い?

私の場合は住信SBIネット銀行はもちろん、複数のネットバンキングと実店舗のある一般の銀行を併用しています。

ネットバンキングの利用をためらう理由があるとすれば、セキュイリティの問題でしょう。確かにネットバンキングは実店舗の銀行と比較して注意しなくてはいけない点があります。

けれども金利の高さ(最近は微妙ですが)と利便性を考慮すると使わない選択を私は考えていません。パソコンノセキュリティ対策を怠らないことや、ID、パスワードの管理などに注意を払う基本は必須です。

車は危ないですし、乗れば交通事故のリスクがあります。けれども車を利用しないという人はおそらくいないですよね。ネットバンキングも利用のリスクは車に乗って起きるかもしれない交通事故同様です。

危ないと警戒することは必要ですが、それはネットバンキングに限らないのです。

さいごに

ネット銀行の利用は「今さら」と思う人がいる一方で「知らなかった」という方もまだまだ多いのが現状です。

忙しいスケジュールもすでに対策は目の前に用意されているのですが、気付かないだけかもしれません。もし、この記事がきっかけになれば幸いです。