簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

自分にとっての「簡単」な暮らしとは?バスチェアの買い替え・カビが生えにくく、座りやすい高さに買い替え

浴室の椅子を買い替えました。ついでにシャンプーを置いていたラックもです。

 

  • バスチェア・・無印良品高さ23センチから、レック高さ28センチへ(いくつか高さ違いがあります)
  • シャンプーラック・・無印良品の低いラックから、キッチン用品を使うことで高さと幅のあるものへ。

バスチェアを買い換えた理由

  • いくら磨いても汚れが取れない。4ヶ月主婦が家を留守にしましたから、やむを得ません。
  • もう少し高さがないと、立ったり座ったりがきつい(私)。

病院にあったような介護用のバスチェアを使うほどではないのですが、逆に高さがありすぎると、足の向きによって足首が微妙にねじれて「イタタ・・」ということがあるんです。

病院にあったバスチェアは、ちょっと高さがあって、ときどき足首が痛みました。かといって、無印の23センチでは低すぎて、かなり大変でした。今はだいぶ慣れてきましたが。

「なんんのこっちゃ?」とお思いでしょうが、そういうこともあるんです。だから椅子の高さは吟味しました。35センチでは高すぎ。前に30センチのバスチェアを使ったことがあるのですが、それも私にはちょっと高すぎました。で、28センチという絶妙な椅子を発見。

しかも椅子の構造がカビにくそう。早速届いた椅子に座って見ると、かなりいい感じです。30センチではちょっとだけ椅子が高いのです。28センチだと太モモが上向きになるので、膝から下の足への力の入り具合がバランスがいいんです。もちろん、この条件は私の素人判断です。

これはあくまで私の場合です。これが一番楽だと感じたということです。身長や足の長さが同じでも身体の状態が違えばベストも変わってきますよね。 http://amzn.to/2pnm5OH

こんな風にカビが生えにくそうな構造です。

浴室のシャンプーラックを高さのあるキッチン用品で代用

 

それから、もうひとつ。シャンプーラックも替えました。と言っても、本来浴室用ではありません。シャンプーを床に置かないために使っていた無印のラックです。これも低くて使いにくいんです。

市販されているシャンプーラックはなぜか扇形。そしてやけに割高です。探してみるとキッチン用品で十分。これならお値段も安いです。幅があるので石けんなども置くスペースがあります。

シャンプーを、ほぼ床の高さから使うのがキツかったのですが、これでラクになりそうです。

自分にとっての「簡単」って何?

物をひたすら減らすことで簡単に楽になれる人がいます。その一方で物を使うことで楽になれる人もいます。私の今の状況は、ケースバイケースです。

これまで通り、「あまり物に頼らず何とか頑張ってみる。」手もあります。けれども、全てが「頑張る」だけでは成果が出る前にプチストレスで心が折れてしまうかもしれません。

だから、こういうときは素直に文明の恩恵にあやかるのです。こうした物を難なく使うことができる日本人である幸運をかみしめるんです。

で、「物で解決できるなら安いもの」だと思うんです。いえ、文字通り「安い」という意味じゃありませんよ。

世の中には、「どんなに努力しても変えられない現実」という類いのことは山ほどあると思いませんか?例えば、人間は元々腕力や鋭い爪や牙を持っていません。ところが地球以上を実質支配できているのはどうしてですか?

それは知恵で不足を補うための道具を生み出してきたからです。道具とは文字通りの道具の他、広い意味での知恵も含みます。

「変えられない現実」までも「道具」で変えることができたのです。