簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

25日には銀行に行かない

「今日は銀行にお金を下ろしに行かないと。」

そんな風に財布と通帳を鞄に用意した方はいませんか?そうだとしたら、その習慣は今月で最後にしましょう。もちろん、それには理由があります。25日のATMに行っても、何も得るものがないからです。むしろ損することのほうが圧倒的に多いのです。

 

お金を下ろす日はいつでもいい

現金の引き出しは25日でなくてもいいのです。むしろ25日より最適なのは24日です。24日ならば、確実にATMは空いています。全く順番を待つ必要がないことがほとんどです。ちなみに私は今回は24日の昨日、お金を引き出しました。

25日に行くと現金を入れる封筒が空になっていることが珍しくありません。けれども24日は封筒がたっぷり用意されています。それはおそらく、銀行が明日の25日に備えているからでしょう。

ATMが空いているので、第一行列に並ぶ必要がありません。あわててお金を落としたり、のぞき見等のリスクも減ります。

「そんなこと言うってことは、よほどお金に余裕があるってこと~?」

24日にお金を引き出すことが可能だと言うと、そんな風に誤解するでしょうね。もちろん、そんなことはみじんもありません。

貯蓄と資金は違う

ただ、口座にあるお金とは、純粋な貯蓄と、「家計を効率よく回すための資金」とでは、全く性質が違うのです。外見こそ、口座に入っているお金です。けれども

 

来年に旅行に行くための貯蓄

万が一何かあったときの予備費

家計を効率よく回すための資金

 

この3つは性質が違うのです。

 

例えば25日のATMに行かずに済む方法を考えます。それには、もうひと月分だけ、余分に口座に入っていればよいのです。そうすれば25日ではなく、24日にお金を下ろすことができます。24日ではなく、20日でも別の日でも良いのです。

「余分に」と書きましたが実際は引き出す日を少しずらすためのお金です。だから別に無駄なお金でもないし、余分なお金でもありません。

まともな企業は例外なく運転資金を回している

一般企業や個人事業の場合は、仕入れや経費関連や、従業員への給料の支払いがあります。売り上げなどが入金された中から支払うのが本来の姿ですが、支払いと入金はズレがあります。だから、企業などは予め「ズレ」に対応するための資金を回しています。だから私たちは毎月決まった日に給料を受け取ることができます。

さいごに

実はこの原理を、家庭にも応用すれば、効率よく無駄なく使うことができます。お金とは単に「貯める」だけではうまく使えません。時間や手間といった見えにくい無駄も考慮しなければいけません。