簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

「捨て力」(すてりょく)・必要なのは足すことではなく引くこと

捨てるチカラ。大切なのは引くことです。ところが、つい「足すこと」がうまくいくコツだと勘違いしてしまうのです。

部屋が散らかりやすいなら、放置しても散らかりようがないように改善すればいいんです。片付けに関することは物と物との対話です。決してコミュニティの問題ではありません。

片付けの方法がわからないなら、まずは手元にある「余計なもの」をマイナスにしていくことから始めます。そのとき、「これはないと絶対に困る」物は残します。そういうものは「手放すか手元に残すか」と迷ったりしません。裏を返せば迷う物は全部手放しても問題ないのです。

「それ、どこの?」と質問しあうような友人関係があるとき、おそらく「価格」が脳裏によぎるのでしょう。そういう価値観があると、要らない服でも手放す気になれません。

「高そうに見える服」や「たくさん服を持っている私」をアピールしなければ、友人同士の輪に入る資格がないと思っているからです。

実際に、「経済力」のさりげないアピールを必要とする人がいます。他に何も手段がないからです。

人の価値観は多様ですから、必ずしも洋服にポイントを置かなくたっていいのです。他人の基準が気にならなくなれば潔く服を減らすことができます。

洋服に限らず、他の物も同じです。