簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

家計の簡素化①家計簿をやめてみる

家計簿をやめてみることにしました。そもそも、家計簿記入は半年分まとめて、とかそんな状態だったのです。だから実質的に家計簿が機能していませんでした。その代り現在は結果を重視する判断方法をとっています。今にして思えばこれまでは、結果より過程を重視していました。結果を重視する方法と過程を重視する方法の大きな違いは・・

 

過程を重視する方法(以前の方法)

  • 収入より支出をオーバーしない
  • 適度な貯蓄をする
  • 無駄遣いをしない
  • 予算をオーバーしない

これは、様々な主婦向け雑誌などで言われている家計管理の基本です。これらが重要な事に違いはありません。ですが家計のペースが一定ならば、次の段階に進んでも良いのです。それは次に紹介する「結果で家計を判断する」方法です。

結果で判断する方法

 

ここでは、予算を守ったり無駄遣いをしないなどということは当然として扱います。我が家の収入は夫の給与収入です。サラリーマンなので大きな変化はありません。いずれも手取りで判断します。

肝心な支出ですが、それは残を見れば支出がわかります。前回の残高が繰り越し額です。細かい数字を見なくても預金の残高と現金の有り高を見れば今期の増減を把握できます。

普段は同じペースで暮らすだけです。

 

さいごに

これからは家計簿を細かく記入はしませんが、ざっくりとした計算はします。それだけで家計の状態を判断できるのは長年のパターンが一定しているからです。