簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

食欲がない夏にピッタリ。栄養たっぷりで切るだけ!簡単常備菜は断然コレ・調理の簡素化④

暑いですね。食欲がないし、毎日何を食べるかと悩みませんか?そんなときピッタリの簡単常備菜があります。調理は切るだけ!です。

調理は切るだけ。味付けも家にあるものでできます。

それは「だし」です。「だし」と聞いてピンと来ない方もいるかもしれませんがスーパーに行くと売られています。これは山形の郷土料理らしいです。 https://cookpad.com/search/%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%82%8A%20%E3%81%AA%E3%81%99%20%E3%81%A0%E3%81%97 スーパーで売られている「だし」を見ると使われている材料は

  • きゅうり
  • なす
  • おくら

がベースのようです。食べてみると、味は「麺つゆ系のしょうゆ味」と「若干の甘味」と酢の酸味のようです。きゅうり、なす、おくらはベースとして好みで茗荷(みょうが)、大葉、ネギなどを混ぜても良さそうです。

フードプロセッサを使えばさらに簡単

野菜は基本、粗みじんでカットされています。包丁でカットしても良いのですが・・「あ!そうだ!フードプロセッサがある!」と最近買ったばかりのフードプロセッサの存在を思い出しました。

買ってからまだ みじん切りを試したことがなかったので早速カットしてみました。

はじめに、まな板と包丁で3~4センチくらいに野菜をカットしました。それを容器に入れます。(入れるときは安全のため念のため電源を抜いておき、さらにトングで野菜を入れました。)

野菜をセットしてフタをして、電源を入れます。そしてスイッチを入れました。そうしたら本当にあっという間です。あっという間にみじん切りされました。フードプロセッサで一番得意なのはこの分野ですよね。さすがです。

ただ、このフードプロセッサを買って、はじめてのみじん切りです。加減がわからず、細かくしすぎてしまいました。売られている「だし」はもう少し大きめの粗みじんです。

とはいえ、一瞬でみじん切りが終わるのは嬉しい。ただでさえ苦手な包丁さばきですが、さらに右手が不便なことになっていますから。こういう時は道具に頼るのもありです。

ここにある野菜で使った分量は

なす3本

おくら3袋

キュウリ4本くらい

です。3回くらいに分けてカットしました。

使った調味料は

  • 麺つゆ
  • りんご酢
  • はちみつ

です。なければ普通の酢でOKです。

すみません。分量は適当の勘です。よくわからないときはクックパットなどを参考にしてください。(と丸投げ)でも夫は「買って来たものと変わりない」と言ってました。

 

野菜はあまり食べたり食べなかったりの息子ですが(お子ちゃまみたいですね~。)これはバクバク食べます。だから大量に作っても一日半でなくなりました。とにかく野菜不足になりがちな昨今だし、ただでさえ食欲がなくなりますが、これは野菜をたっぷり食べられるし普通は息子も食べないオクラもバクバクいきます。

細かくカットしてあるので、もちろんお子さんから年配の方までもOKです。

  • ご飯に乗せてもよし。
  • 冷たい麺のトッピングにもよし。
  • 冷ややっこに乗せてもよし。
  • 納豆や生卵と一緒にしても良し。

見た目はアレですが、冷ややっこのトッピングなどにすると、普通の見た目になります。こんなにシンプルな材料とは思えないほど。

「野菜をしっかり食べている」という安心感もありますよ。おいしくて食べやすいのでぜひ試してみてください。

私が常備している麺つゆです

創味のつゆ 1L【楽天24】[創味 だしの素(めんつゆ) 麺つゆ]【MEN_K02】

フードプロセッサは、これを使っています。

MK-K81-W【税込】 パナソニック フードプロセッサー ホワイト Panasonic [MKK81W]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

「まずは市販品で食べてみたい。」「近くのスーパーで売っていない」という方には、こういう商品があるようです。