簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

夏バテでもスルスルお腹に入る簡単メニューリベンジ(画像アリ)・食の簡素化⑤

毎日暑いですね。ですが我が家は今朝もしっかり和食の朝食を食べましたよ。マメな主婦❓いいえとんでもない。夕べはエアコンで冷えたのか体調が悪くて朝はサイアクの気分でした。それでも!

野菜たっぷり

みそ汁しっかり

タンパク質OK

炊きたてご飯OK

の朝ご飯を食べました。今朝、使った火はやかんに沸かしたお湯だけです。

 

まず「野菜たっぷり」の秘密はこのメニューが効いています。それは「だし」という郷土料理が発端のメニューです。これをあらかじめ作っておけば、2,3日は持ちます。

前回、フードプロセッサで作ってみましたが、細かくしすぎました。だからリベンジです。「だし」自体は家族に大好評です。夫は何でも食べますが問題は息子。まあ、食べなきゃほっとくばかりですが(子供じゃないので)せっかく作るならみんなに喜んで欲しいですよね。

 

http://kurase.com/2017/07/20/natsu-jyobisai/

というわけで、前回の失敗を参考に細かくし過ぎないように注意しました。それと材料をプラスしてバージョンアップです。せっかくなので大量に作りましたよ。我が家は好評なメニューはあっという間になくなります。だから「つくりおき」が実質効かない状態です。ですがこれはこの分量で2日半もちそうです。

 

それではリベンジ開始です。材料はこれくらいです。普通はこの半分くらいで十分でしょう。

きゅうり、なすをフードプロセッサに入れやすいサイズにカットします。オクラはヘタをカットします。

フードプロセッサの「きざむ」刃はこれです。

何回かに分けて刻みます。サイズや固さが近い物をまとめるといいですね。

今回は刻み過ぎないように粗い段階でストップしました。

タッパーなどに移していきます。

あらびきモードですがあっというまに どんどん細かくなります。

タッパーに入れて全体をよく混ぜます。(味付け前)今回は細かくし過ぎずカットできました。

「え?これ?」

と思うなかれ。これが夏にぴったりなんです。本当に食べやすくて美味しいです。

食べ方はいろいろです。例えば今朝は豆腐にシラス、今回作った「だし」を添えました。一度作れば後は冷蔵庫から出すだけです。味付けは

めんつゆ

りんご酢 はちみつ を使っています。

酢が入っているので殺菌効果と疲労回復にいいですね。(それぞれ見えるように盛りつけています。)

 

細かく刻んであるから食べやすいですよ。暑くなると噛むのが嫌になりますからね。オクラのねばねばが食べやすさをより一層アップします。

前回も書きましたが、そのままご飯にかけたり、冷たい麺のトッピングにも合います。

みそ汁ですが、夏はこれを使います。

乾燥わかめを入れてお湯を注げば完成です。

で、びっくりしたのはこのみそ汁の切り口です。

なんと!手でちぎるちと斜めに切りやすくなっていました。表現が難しいのですが、「見えないカットライン」がある感じです。これまでは変な風に切れてしまい指が汚れてしまうことがありましたよね。ところがこれは変な風に切れず点線の少し上のラインできれいに斜めにカットされます。こういう工夫って日本人ならではですね。気付いている人いるのかな?いや、すごいです。

 

 

みそ汁だってインスタントでもいいんです。夏にそもそもみそ汁いる?と思うかもしれませんが夏は味噌汁を飲んだ方がいいですね。塩分補給、冷えた体をあたためる、水分補給です。

最近、国産わかめは希少です。通販で大袋を買っています。

http://amzn.to/2vDr0u2