簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

部屋が片付かない10のコツ

世の中に片付けや断捨離のコツを書いた物は山ほど存在します。ところが、どうしたことか「散らかる方法」を書いた物は見つかりません。

どんなステップを踏めば部屋が片付かないのでしょう。「片付けよう」と思わずに「散らかしてみよう」そう思えば原因が見えてきます。

部屋が簡単に散らかる方法

1・出したら出しっぱなしにする

物を出したら、できるだけ出しっぱなしにしましょう。決して元の場所に戻してはいけません。出しっぱなしは習慣になります。出せば出すほどに益々部屋の乱雑度はアップします。

2.テーブル上に隙間を作らない

テーブルの上に隙間を作ってはいけません。できるだけ、無秩序に物を置いていきましょう。テーブルの上に、たくさんの物を置くことがポイントです。そうすればテーブルを拭き掃除することがし難くなります。そうなれば、完璧な乱雑なテーブルまではもう一歩です。あなたは、ますます掃除をする気がなくなることでしょう。

3.床にどんどん物を置く

テーブル同様に、床にもどんどん物を置いていきましょう。下にある物が何であるかわからない様に置けば完璧です。表面に見える物しか判別が出来なくなります。完璧な散らかった部屋まであと一歩です。見えなくなった物の記憶が薄れ、また、同じものを買ってくる循環がスタートします。そうなれば、「何にお金をつかったら良いか」とあなたの頭を悩ませる必要はありません。記憶になくなった物を何度も買い足せば良いからです。

4.無計画に収納家具、グッズを買い足す

決して計画的に家具や収納グッズを買ってはいけません。できるだけ直感と思い付きでこれらを買う事がポイントです。決してメジャーで収納箇所のサイズを測らないようにしましょう。また、収納する前に要らない物を処分しないようにしましょう。

5.部屋の窓を開けない

窓はできるだけ閉めっぱなしにしましょう。決して新鮮な空気を部屋に入れてはいけません。窓を閉めっぱなしにすれば部屋にはホコリと湿気がたまります。溜まった物は「見て見ないふり」をしやすくなります。

6.手に入れたものは絶対に手放さない

一度手に入れた物は決して手放してはなりません。あなたが高いお金を出して買ったコートをリサイクルショップで手放したとします。あなたが10万円で買ったコートを見知らぬ誰かがたった2千円で手に入れたことを知ったら、どうでしょう。きっとあなたは、居ても立っても居られない悔しい気持ちになるかもしれません。そんな思いをするくらいなら、いっそ手放さない方が楽です。

7.縦横斜め上下左右、できるだけランダムに物を置く

出来るだけ、物は斜めに置きましょう。決してテーブルのラインと平行に物を置いてはいけません。また、物と物同志はそれぞれがまるで他人の様に一切の関連を持たないように置くことがポイントです。

8.ゴミ袋は小さい物を使う

ゴミ袋は小さい物を使いましょう。捨てたいゴミが袋に入らなければ、あなたが捨てるべきゴミがたくさんある証拠です。ゴミ袋が小さければ、あなたが物を処分することに待ったがかかります。そこであなたは「本当に捨ててもよいのかどうか」と「よく考えて」不用品を溜めることになるでしょう。

9.細かい不用品は溜めておく

細かい不用品は、今すぐ捨てなくても家のどこかに置くことが出来ます。「とりあえず」何かの隙間に置いておけば、いずれあなたは「いらない物である」という事を忘れてしまいます。そうすればしめたものです。そうする間に、またしても細かい不用品が増えています。細かい不用品は案外存在が大きい物です。「捨てなくて良かった」と、再びゴミ袋から小さい不用品を引っ張り出しては、また整理する前の状態に戻ることができます。

10.空間を作らない

例えば押し入れ、クローゼット、食器棚、本棚、タンスなどに空間が出来たなら、できるだけ素早く何か物を入れて空間をふさぎましょう。空間は何かを置くためにあるのです。決して空いたままにしてはなりません。「もう、断捨離してしまって無駄な物は何もない」のなら、空の段ボール箱があるではないですか。もしくは、空間を埋める物を新たに買ってくる必要があるかもしれません。

さいごに

 

もし、散らかす方法ではなく「片付く方法」を知りたいのならば、答えは簡単です。ここに挙げたことの反対を実践すれば良いだけです。