簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

秋冬にはどれだけのニットが必要か

ニットを着る機会が減りました。住んでいる地域が冬でもほとんど雪が降らない事も挙げられます。けれども、それでもやはり冬にはニットが店頭に並びます。ただ、本来ウールなどは吸湿・放湿の調整に優れた衣類です。だから例えばフリースなどよりも大切に着れば長い期間着ることができます。

でも、実際はどうでしょう。そんな風に機能などを吟味せず、店頭の様子で直感で選んでしまいます。「秋冬だからニット」というように。

だからこそニット風の衣類も多数存在します。~風の衣類が悪いわけではありません。ですが、そこでまた選択肢が増えてしまいます。

さいごに

本来、温度調節等に適したニットも、ちょっと動けば汗をかきます。ニットは当然、洗濯のしにくさが弱点です。「秋冬だからニット」といった選択肢ではなく、「手入れのしやすさ」などで着るアイテムを選んでも良いのではないでしょうか。