簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

服を減らすコツは「服を買い足すこと」、捨てるだけではいけない。「買う」も必要な理由とは。

服を減らしたいなら捨てるだけではいけません。「買う」も必要なことなのです。もちろん「捨てて捨てて買って買え」というのではありませんよ。

f:id:chakuma2017:20171102155638p:plain

なぜ服を捨てるだけでは服を減らせないのか

なぜ、服を減らすために捨てるだけではいけないのか。それには明白な理由があるんです。その理由とはバランスです。服はバランスが大事ですよね。単に数の問題ではありません。

同時に、その人の好みや暮らし方で服の内訳も変わるんです。例えば、専業主婦で子供が1歳という女性と、独身婚活中の28歳女性OL、電車通、私服勤務では持つべき服がまるで違います。これは極端な例ですが、そのくらいに洋服は他人を参考にできるようでできないものなのです。

服は単体でコーディネイトが完成しない

さて、服を着る時は当然、単体では完成しません。ワンピースであっても、タイツなのかストッキングなのか、素足なのか。羽織物は?インに重ねるトップスは?アクセサリーは?ベルトは?靴は?バッグは?・・挙げればきりがありません。服単体意外にプラスするアイテムがなければ「着るに着られない」事態に陥ることがあります。

服単体は誰もが喜々として買い入れます。ですが、脇役となるタイツ、インに気るトップスなどはつい、あとまわしです。こうしたものがきちんとそろって初めて、買った服を活かせます。

合わせる服がないのは単にコーディネイト問題ではない

アイテムだけではありません。通常はコーディネイトの問題と考えてしまいがちです。でも本当のコツはコーディネイトじゃないんです。要は上から下まで、どのくらいきちんと準備をしたか否か最終的なコーディネイトの完成度につながるんです。これはセンスの問題とはまた違います。要は準備の問題です。もちろん、センスの有無も関係はします。ですがそれ以前にコーデを完成させるための脇役がどれだけそろっているか。それがコツなんです。

着たい服を完成させるための詳細をチェックする

自分が着たいワンピースが一枚あるとします。それを今シーズンの秋から春先まで着る予定とします。するとワンピース単体では完成しませんよね。

  • インナーはトップスに響かない、透けない、見えないものがありますか?
  • タイツはちょうどよい物がありますか?
  • トップスにインするものはありますか?
  • 羽織物はありますか?
  • 靴はありますか?
  • コートとのバランスは問題ありませんか?
  • シワが気になって着られないなどありませんか?
  • あわせるバッグ、アクセサリはありますか?
  • それを着ていく場面は想定して合っていますか?
  • そのコーディネイトで寒くありませんか?

だいたいこんな風に自己チェックします。

そうすると新たに服を買うという事はそれ以外の準備も必要だということがわかるはずです。服があるのに着る服がない現象とは、合わせる他のアイテム不足が原因ということは多々あるんです。

タンスの肥やし服、真の原因は合わせるアイテムが足りない事かも

活用できていないタンスの肥やし服。その原因は足りない事かもしれませんよ。もう一度そういう視点で今も持っている服を見つめ直してください。何かを買い足す。そうすることでこれまで眠っていた服が活用できることはよくあります。