簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

【簡単に暮らせ】服を減らすコツ11のまとめ

服は油断すると増えます。そこで当ブログ記事の人気記事を簡潔にまとめました。ここにまとめたことが一部ですが秋冬の整理前に参考にしてくださいね。

薄着を習慣にする

f:id:chakuma2017:20171111073446p:plain

秋冬の服装ポイント。それは薄着です。もちろん、無理をして薄着をするのではありません。

あまり寒くないうちは薄着で過ごします。寒くなって来たら徐々に暖かい服装にしていきます。

何も考えず「寒いから暖かく」と初めから厚着をしたとします。するともっと寒くなった時に困ります。

あまり寒いときには暖かすぎる必要がありません。厚着はバランスもとりにくくオシャレもしにくくなります。天候に合わせて薄着から少しずつチェンジします。

インナーを極める

 自分の体力にあったインナーを万全にしておきます。たとえば冷え性なら暖かさを保てるものを用意します。つい、見えないからと見える服を優先しがちです。

夏はそれでもかまいませんが、秋冬は体質にあうインナーを用意します。そこで初めて安心してオシャレをすることができるんです。

オールシーズン着られる服を持つ 

オールシーズン活用できる服があればあれこれ持たずに済みます。厚手の一枚より薄手の2枚のほうが暖かさを保てます。

また、ウール100%は冬の服と思いがちです。けれども実はウールって真夏以外はオールシーズン使える服なんです。吸湿性に富んでいて温度調節がしやすいのです。もちろん、厚手では着る時期が冬限定になります。活用できるのは薄手のニットです。

ユニクロあたりでウール100%薄手のニットを見つけたら「買い」です。正しタートルは冬に限られるのでそれ以外です。

パジャマと部屋着はスッパリ分ける

服を減らそうと思った時、パジャマを部屋着と兼用にしてはいけません。なぜならダラケモードに拍車がかかるからです。もちろん、意志が強い人は大丈夫ですが。

私は数年前に部屋着とパジャマの兼用をスッパリやめました。やめたらメリハリがついて楽になりました。

部屋着は外に着ていける服を着る

部屋着は外に着ていける服を選びます。例えば

 

宅配の人が来ても出られる服。

コンビニに着ていける服。

近所の郵便局やスーパーに着ていける服。

です。

着替えないと出られない服を着ていると「出かけよう」と思い立ってからのフットワークが落ちます。それなら初めから外に出られる格好をしている方がラクです。

手放してはいけない服

フォーマルウェアは用意しておく

出番が少ないからとフォーマルウェアを手放してはいけません。最低年に一度はチェックしておきます。型が古かったり、サイズが合わなければ買い直しておきます。

慌てて必要な当日買うと割高な物を買う羽目になります。「着ないかもしれないのにもったいない。」と思うかもしれませんが、いい大人が準備不足では恥をかきます。

ハンガーを統一する

f:id:chakuma2017:20171111073611p:plain

ハンガーをそろえる

服をある程度厳選したらハンガーの数を決めてしまいます。そして決まったハンガーをそろえます。すると見栄えがよくなるので「きちんとしよう」という大きなモチベーションになります。

ハンガー代は元が取れる投資

初めにハンガー代はかかります。けれども投資と考えれば十分元はとれます。ハンガーをそろえると服も半端にする気がおきなくなります。自然に良い循環になるのです。

タートルを着るタイミング

タートルニットは本当に寒い時だけ着る

タートルは秋冬には便利です。暖かいし見た目もスッキリ着られます。けれども数は多く要りません。なぜならタートルは暑くなっても首回りを外すことができないからです。本当に寒い時だけにして、普段はタートル以外を着ます。ストールやマフラーで調整が効きます。

曜日で固定する

f:id:chakuma2017:20171111073722j:plain

実は平日5セットより4セットがいい理由

平日、毎日違う格好をする必要があるなら、曜日で固定します。下手に着まわすよりも曜日でいる服を決めてしまうのです。ただし5セットより4セットの方が実は良い事があります。

というのも、5セットでローテーションすると、火曜日に会う人にいつも同じ服装を見節ことになるからです。4セットであれば曜日がずれます。だからその手の心配が減ります。もちろん6セットなら良いのでしょうが。ケースバイケースです。考え方の基本、コツの参考にして下さい。

自分のキャラを決める 

自分のキャラを決めた方が服は減らせます。買い物も無理して合わないキャラに仕上げる必要は有りません。

もちろん、若い年代のときはいろんな雰囲気に挑戦したいもの。それ自体は構いません。もし、何を着たらよいかわからなくなっているなら原因はこれです。それは、あれもこれも取り入れようとするからなんです。

自分に似合う服、好きな服、雰囲気を絞れば服は増えません。コーデもしやすくなります。

コーデに必要なアイテムをそろえる

目立つアイテム、例えばコート、ニット、パンツ、スカートなどは誰しも買います。ですが「着る服がない。服はあるのにどうして?」の理由は意外なところにあります。それは脇役のアイテム、不足が原因です。例えばタイツ、ソックス、胸元の開きをカバーするインナーの白や黒やグレーのシンプルなカットソー。合わせる靴、バッグがない・・などちょっとしたものが不足していることがほとんどです。

こうしたアイテムは買い物が後回しになりがち。でもスカートを一枚買ったら合わせるのに必要な物を全部そろえてしまいます。すると最終的に十分活用できる機会がぐんと増えます。タンスの肥やしも不足しているアイテムをちょっとたせば着られる服に様変わりする可能性が大いにあります。