簡単に暮らせ

ちゃくま・我が家流シンプル、ちょっとミニマム、家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

物や服を減らすことから卒業しよう

f:id:chakuma2017:20171220175519j:plain

そろそろ物や服を減らすことから卒業しませんか。「減らすな」と言うのではありません。「もう、十分に向き合っただろうから、そろそろ本来すべきことに戻りましょう。」と言いたいのです。

もう、散々物を減らしたのではありませんか

物が増えすぎた状態は確かに困ります。一方で物を手放して暮らしを見直す過程は、時間をかけて行うものではありません。なぜなら、あなたの生活は物を減らすことが目的ではないからです。

減らす過程は暮らしの中では一過性のものです。もちろん、ある程度定期的な見直しは必要です。けれども最初の見直しほどにはもう、多くはないはずです。すでに多大な労力と関心を多く向けてまでやるべき時期は過ぎたのです。

物を減らすより、やるべきことがあるはず

それよりももっと、やるべきことがあるはずです。だからこそ物を減らそうとしたはずです。そして物が少ない状態が必ずしも偉いわけでも在りません。同時に物がたくさんある状態が劣っているわけでもありません。その逆でもありません。物の数や量、それ自体に意味や目標値があるわけではありません。

もし、何らかの理由から物を減らすことを実行したとしましょう。その時期がある程度過ぎたならば、今度はそこから少し距離を置かなくてはなりません。そして本来の目的に戻らなくてはなりません。

スッキリした部屋でやりたかったことを今こそ実行しよう

例えば、スッキリとした部屋でやるべきことを思い出して下さい。服を減らしてスッキリしたクローゼットから取り出す服でどんな生活をしたかったのかを思い出して下さい。減らすことや片付けが目標になってはいけないのです。必ず、元の位置に戻らなくてはなりません。

もう、あなたは散々物を減らしたはずです。十分に洋服を整理したはずです。ならば今度は物や服にばかり目を向けることをストップしましょう。本当の暮らしはここからがスタートです。