簡単に暮らせ

ちゃくま・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

ユニクロフリースは経年で暖かさがダウンしていく

f:id:chakuma2017:20171124165429j:plain

ユニクロフリースは、着続けるうちに暖かさが軽減していくようです。はっきりとしたデータがあるわけではありません。あくまで私が着た印象です。ですが、以前も似たような話をブログに書いていました。

www.kurase.com

 

すっかり忘れていたのですが、「そういえば。」と、2年前位に買った夫のフリースと先日買ったばかりのフリースを着比べてみました。

古いフリースは暖かさが軽減していく

結果は、やはり古い(と言っても1シーズン着たくらいです。)フリースは暖かさが軽減していました。新しいフリースはやっぱり暖かいんです。(画像が買ったばかりの新しいフリースです。暖かいです。)

ただ、これは可能性としてこんなことがあるかもしれません。それは、年々、フリースの機能、つまり保温性がアップしている可能性です。これについては、推測ですが「ない」と考えています。つまり、買ってから着たり洗濯したりを繰り返すうちに、生地がへたるために暖かさが軽減する可能性が大きいのではないかということです。

ハッキリ断言はできません。ですが、以前も同じような話を書いていた、(経験していた)ということはやはり、フリースは経年(実際は着用と洗濯による変化)で暖かさが落ちていくということです。

保温性を求めるなら、できるだけ新しいフリースを着る

だからフリースに保温性を求める場面では、できるだけ新しい物を着た方が良いということになります。例えば、アウトドア、レジャー、私服の通学時などです。ユニクロフリースは期間限定価格で頻繁に販売されています。その場合、今シーズンはだいたい1,500円くらいで買えます。だから新しいフリースを手に入れるハードルはほとんどありません。

見た目に問題のない古いフリースについて

ただし、ここで問題もあります。それはまだ、見た目には着用に問題のない物を買い替えることです。大いに気が引けます。そんなときはこうしてはどうでしょうか。

やはり段階的に着る場面に応じて格下げすることです。例えば3年前に買ったフリースを家事着にする。などです。(汚れてもいい服に、ただし火には注意しましょう)新しいフリースを保温が必要な場面で着る。・・こんな感じです。一般に古くなった服を部屋着に格下げすることは断捨離の側面では推奨されません。

さいごに

ですが保温という機能に目を向けた場合は「そういうこともある」と覚えておいて損はないでしょう。例えば暖かいとか暖かくないなどの感じを自己申告できない子供や年配の方が家族にいる場合があります。そういうときは見た目に問題がなくても、時々新しい物に買い替えてあげることで暖かく着てもらうことができます。