簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

1万円札から使い無駄遣いを防ぐ

f:id:chakuma2017:20171227142139j:plain

千円札から先に使い、そのあと1万円札を使う方が多いと思います。おそらくは

「お札を崩すとお金が無くなるのが早い」

という理由でしょう。

一万円札は使い勝手が良くない

ですが私は反対の順で使っています。初めに一万円札から使うのです。一万円札だろうが千円札だろうが意味は同じだからです。だから私が考えるのは利便性のみです。一万円札というのは、たいてい使い勝手がよくありません。

なぜなら、日常では一回の支払いで1万円札を超える支払いなど滅多にないからです。ところがATMでお金を引き出すと1万円単位でしか出せないのが基本です。両替ボタンはありますが、私が使うATMは5万円までしか一度に両替できません。ATMの機種によって例えば10千円と打ち込めば全て千円札で出せるところもあります。ですが金額に限度があり、全てのATMとは限りません。また、何回か繰り返すのは時間と手間が無駄です。

買い物のお釣りで両替を兼ねる

そこで私は、とりあえず一回だけつまり5万円分だけ千円札で引き出します。それ以降は買い物のたびに1万円札を出してお札を崩します。もちろん一万円札を出して迷惑にならない状況か、判断して出しています。

千円札の枚数が十分になったら、あらためて必要枚数だけを財布に入れます。お金を引き出した直後はだいたいいつもこんな感じです。

現金払いで困るのは「細かいお金がない」ことが99%です。だから最初にお札を出来るだけ崩すべく一万円札から先に使う方が断然効率が良いのです。

お金を崩すとなくなる事は別問題

もし、ここで「大きいお金を一度崩すとあっという間になくなる」という疑問があるならば、利便性ではなく、もっと根本的なお金の使い方に問題があるということです。その場合は利便性の前にお金の根本的問題を解決するのが先です。

現金は効率を考えれば一万円札より千円札で用意する方が断然簡単です。