簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

服はとことんノーアイロン素材をメインにすればヘビロテになる

せっかく買っても着ない服。これほどもったいない事はありませんよね。

服自体に全く問題がない。なのに着る機会が少ない。それって原因はシワではありませんか?

アイロンがけが必要な服です。アイロンがけが必要だから「ちょっとその辺に」着るのはもったいない。で、いつものカットソーになる。

買うときはイメージするんですよね。「コットン100%のシャツ」にピシッとアイロンをかけたシャツを颯爽と着こなす自分の図。

ところが現実は甘くない。やっぱりアイロンがけは嫌い。それで結局、シワにならない服を選んでしまう。結果買ったコットン100%の服は出番なし。

ユニクロで言えば最近はシワにならないテロンとした素材のシャツが売られています。これはありがたい。コットンシャツのパリッとした雰囲気も素敵ですがテロンとした柔らかさも女性らしくていいですね。何といってもシワが気になりません。

私の場合ですが現在、4枚のレーヨンのシャツがあります。今シーズン買い足したのは薄いブルーのシャツです。(画像後ろのシャツです。)

f:id:chakuma2017:20180329130259j:plain

(画像以外のシャツは洗濯中)

 

ネイビー

イエロー(からしいろのような)

ブルー

 

どれも合わせやすくて重宝しています。真冬以外、ヘビロテできます。うちネイビー、イエローはスキッパー型です。本当は全部、この型がいいのですが機会があれば追加したいくらいです。

シャツを着る私なりのポイントは「生真面目に着ない」ことです。必ずどこかにラフな雰囲気を持ってくること。

今なら若干大き目サイズでゆるゆるに気るのもポイントですね。ぴったり目サイズで着るとシンプルなシャツは「地味なおばさん」になってしまうので気を付けています。

ボトムもテロンとした素材にするとホント、シワ要らずで便利です。今はまだレギンスパンツメインですが、もう少し季節が暖かくなったらボトムもサラサラ素材系を取り入れます。

 

もちろん一部、シワができやすいリネンやコットン素材も取り入れています。またの機会にお話しします。