簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

100円ショップ利用のデメリット

f:id:chakuma2017:20180420162340p:plain

100円ショップは安いのでメリットはあります。一方でデメリットがあります。実はデメリットが見えない損を作っていることがあります。今回は100円ショップのデメリットについてのお話です。 

100円ショップの知られざるデメリット

得に思える100円ショップにはデメリットもあります。それは同じ品をいつも買えるとは限らないことです。となれば買い物のたびに「今回はどれを買うか」と考える手間が必要です。

また、スーパーなどで売られている一般メーカー品は、基本的に同じものを再び買うのが容易です。ところが100円ショップの品は一期一会である可能性も高いのです。何度も買い替えないような雑貨であればまだしも、何度も使う様な消耗雑貨などは「次に来た時にまた買える」とは限りません。

実はこの「どれを買うか」という選択の思考は思った以上に知らずエネルギーを消耗しています。生きていれば選択する場面は山ほどあります。重要な選択から100円単位の買い物で「どれを買うか」という小さな選択まで。

小さな選択は出来るだけ排除しておいた方がいいのです。それはもっと重要な選択にエネルギーを残しておくためです。

f:id:chakuma2017:20180420162444p:plain

さらに細かい雑貨が目につくことで余計な物を安易に買ってしまいやすいですね。

  • 同じ品をいつも買えるとは限らない(「どれを買うか」という選択にエネルギーを消耗する)
  • 余計な物を安易に買いやすい

100円ショップの意外なメリット

もちろん、一方でメリットはあります。

まず、100円ショップのメリットは、

  • 価格の安さ
  • 細かい物をあちこち探しまわる手間が省ける

ことです。例えば、水切りネットとノートをスーパーで買うとします。すると台所用品売り場、もしくは日用消耗品売り場と文具売り場をはしごする必要があります。

フロアが分かれていれば、わずか数百円の買い物に広い店内を移動しなくてはいけません。ところが100円ショップに行けば複数のフロアに分かれているようなものも、一店で済んでしまいます。

しかも一品が税抜き100円です。この「100円」という安さは「価格の予想がつく」という安心感ももたらしています。店に行った時点で「値段がわからない」という不安がないという安心感もメリットと言えます。

自分にとっての安さとは

このように、100円ショップには、一般的なイメージのメリットだけではなくデメリットもあります。以前は「安い」というシンプルな動機で100円ショップで買い物をしていました。

けれども最近気付いたのです。それは自分にとっての「安さ」や「メリット」「デメリット」は価格だけで決まるものではないということです。

現状の私は「買い物に時間と手間をかけない」ことが優先事項です。となれば店舗が限られ、通販がなく、行くたびに品物が変わる100円ショップでは買い物の手間がかかります。

「100円ショップでしか買えないもの」は「わざわざ100円ショップに行く」という手間が生じます。

確かに100円と例えば200円の消耗雑貨では100円の方が安い。けれども100円の安さのために、わざわざ100円ショップに行き、あるかないかわからない品を探すのは無駄なのです。

何が無駄かと言えば、時間と品物を探す、選ぶ、選択するという手間です。一方で定番一般メーカー品などであれば、実店舗スーパーや通販、ネットスーパーいずれからでも買えます。

「100円ショップでしか買えない物」は買い物の手間が増える

この事実に気が付いてからは「100円ショップでしか買えない品物」は出来るだけ買わないことにしました。

  • 近隣スーパー
  • ドラッグストアなど
  • ホームセンターなど
  • アマゾン、楽天など(通販)
  • ネットスーパー

こうした店舗のいずれからでも買える品を定番にするのです。そして仮に100円ショップでしか販売されていない品を気に入ったとします。すると一見安くて良いようですがここに落とし穴もあります。必ず売っているので「選ぶ」という手間は不要です。

選ぶという行為は心身を知らず消耗させます。選択するための思考はもっと重要なことに残しておいた方がいいのです。

 

おすすめ記事

www.kurase.com

 

www.kurase.com

www.kurase.com