簡単に暮らせ

(ちゃくまのブログです。)ブログタイトルは「簡単に暮らせ」です。・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

【楽する料理のコツ】鶏肉は手羽元を使う理由

f:id:chakuma2017:20180519212147p:plain

我が家では鶏肉は手羽元をよく使います。理由は栄養効果と同時にもっと大きな理由があります。

選ぶ部位で料理の手間を楽にできる

 鶏肉を使うとき、どの種類を使うか。

それは選ぶ基準で変わります。

 

予算

好み

栄養価

献立

 

こうした基準のほかに実は大事な要素があります。

それは、

 

料理の手間

 

です。

 

鶏肉と一口に言っても、

 

ささみ

もも

手羽先

手羽元

ひき肉

 

等の多様な種類があります。

この中で「楽に料理する」視点で選ぶなら、どの肉を選べば良いでしょう。

 

答えは手羽元です。

理由は切る手間がいらないからです。

 

f:id:chakuma2017:20180519212817p:plain

  • 手羽先、ひき肉も切らなくて良いと思えます。ですが手羽先は食べる時にL字型ですから頬に肉が付きやすい。そして食べやすくするなら切ることになります。
  • ひき肉は切らなくて良いですが、ハンバーグ、つくね、団子ならこねる手間がいります。
  • 胸、もも、ささみは切るか割くかしないといけません。
  • 結局のところ、手羽元が一番、料理は楽です。煮物にすれば鍋に放り込むだけだからです。同時に骨から美味しいダシが出ます。

包丁をまな板をできるだけ使わない工程を意識する

「簡単な料理」と言っても切る行程があれば、包丁とまな板を洗う手間が増えます。こうした事は料理で当たり前の動作です。

けれども楽して料理したいときは切る、洗うが最も負担です。生肉を使えば、洗剤や熱湯などでしっかり殺菌もしなくてはいけません。

我が家で手羽元を頻繁に活用するのは、こうした理由があるのです。

 

 あわせて読みたい

www.kurase.com