簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

無駄遣いしない財布の使い方、究極のシンプルなコツ

f:id:chakuma2017:20180531131008p:plain

無駄遣いしない財布の使い方のお話です。無駄遣いを防ぐために財布の種類を駆使したり、複数を使い分けたりと手間で乗り切ろうとしていませんか。

無駄遣い財布の使い方は想像以上にシンプル

私もかつては複数個の財布を使い分けして、より細かく管理しようとしたことがありました。けれども、複数に渡る財布の使い方はうまくいきませんでした。

やはり人は管理するものが増えると、どうしても抜け、忘れが生じるのです。

財布の形や仕様、デザインは何でもいいんです。金運アップに黄色い財布を使わなくても大丈夫です。大事なのは使い方です。

無駄遣いしない財布の使い方、

それは帰宅したら、決まった金額分を入れ直すことです。

財布にいくら入っているか把握する習慣をつくる

つまり、常に財布にあるお金を把握できる状態にするのです。例えば、財布に入れるお金は1万円と決めたとします。

そうしたら財布には常に家を出る時には1万円が入っているようにすればいいんです。3千円なら3千円、5千円なら5千円、5万円なら5万円・・。そんな感じです。

「財布に、今いくら入っているかわからない。」という状態が無駄遣いを生みます。もし、いつも持参している金額以上の支出があるときには、追加します。

実際は1万円札1枚などでは使い勝手が良くありません。そこで金種を分けて財布に入れます。

例えば、5千札1枚、千円札4枚、5百円玉1枚、100円玉4枚、50円玉1枚、10円玉5枚、

合計1万円

こんな感じです。

レジで小銭を減らそうと努力しない

f:id:chakuma2017:20180531131033p:plain

1円玉があった方がレジで端数が出た時に都合が良いと思うかもしれません。入れても良いのですし、入れなくても良いのです。

レジでごそごそすると格好悪いですし、レジの人や後ろの人をイライラさせるかもしれません。端数は適当に出せるなら出す、くらいで良いのです。仮にお釣りで小銭が増えても銀行ATMに入れれば良いのです。

レジで小銭を減らす努力は無駄です。

さいごに

毎日財布に入れるお金の額を決めれば自然と無駄が減ります。必然的に財布の整理にもなります。

無駄遣いしない財布の使い方は、新しく財布を買ったり、複数分けしたり、色や形にこだわる必要がありません。

 

あわせて読みたい

www.kurase.com

 

www.kurase.com