簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

【備え】スイカ、パスモ(交通系ICカード)の予備を持つススメ

f:id:chakuma2017:20180616064804j:plain

カード式の交通系ICカードスイカ、パスモの予備を持つことをおすすめするお話です。(もちろん、お住まいの地域により、どんな交通系ICカードを持つかは状況によります。)

現金主義の方は、スイカやパスモの予備を持つと、何かと便利だというお話です。

定期切れや財布忘れのアクシデント対策に

通勤や通学では、交通系ICカードに定期をセットにしたりしていると思います。それ以外の休日や私用の外出では定期区間外用に、同じスイカやパスモに別途チャージをして電車やバスを乗り降りしますよね。

f:id:chakuma2017:20180616064842j:plain

ですが定期切れやチャージの残高不足でビビッと改札で止められてしまったら?パスモは定期の期限が近くなると設定で音で知らせる機能はあります。

(またクレジットカードのオートチャージなどを使えば残高不足のアクシデントの不安は不要ではあります。)そんなときは新たにチャージすれば済む事ですが、もし、そのとき「財布を忘れていたら?」また、通学の子供にクレカのオートチャージ機能を使わせられません。

せめて電車やバスに乗る前に気付けばいいのですが、電車は残高が足りているかどうかにかかわらず改札には入れてしまうという致命的なことがあります。

予備のスイカ、パスモを携帯すれば安心

f:id:chakuma2017:20180616065028p:plain

私はこうした時に備え、常に通常のスイカのほかに予備のスイカをもう一枚携帯しています。予備のスイカは無記名式です。

無記名式の交通系ICカードは、スイカなら券売機で簡単にいつでもだれでも買えます。そこに2千円くらいのお金をチャージしておきます。

そうすれば、万が一財布を忘れても家に帰ることができます。改札で使ったスイカの残高が足りず、改札を出られなくなっても、財布を忘れてももう一枚のスイカに残高があれば、駅員さんに清算してもらう処理をできるでしょう。

電車やバス以外でも、コンビニや大手スーパーなら交通系ICカードのチャージ分で買い物ができます。

お子さんのアクシデント対策にも

実はこういう使い方を思いついたのは、息子が高校生の頃です。我が家には車がないので何かあった時、さっと車で迎えに行くことが出来ません。

そこで万が一を考えて息子に予備のスイカを持たせておいたというわけです。幸いにそのスイカは一度も使う事はありませんでした。

ただし、交通系ICカードの残高がわからない」ことで残高不足にしてしまうことがあります。そこで自分で残高を確認できるものを持てばいつでも残高を確認できます。

例えばこういうのですね。

 私が持っているのはこれです。予めパソコンに動作に必要なソフトをダウンロードしてから、使用します。スイカを乗せると残高を確認できます。また、ICカードの残高確認のほか自宅から確定申告するときにも使えます。

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

 

それから、私はまだ使ったことがありませんがiphoneなどで気軽に使える

iPhone/iPadでEdyチャージができるリーダーライター楽天Edyリーダー(ワイヤレス)パソリRC-S390【送料無料】【宅配便限定】

などもあるようです。便利な世の中です。

予備のスイカ、パスモは利便性もある

それでも予備のスイカは何かと役に立っています。チャージする時間がないときなどに改札をさっと通れます。また、荷物が増えて財布の出し入れが面倒な時コンビニで「スイカでお願いします」と買い物を簡単に済ませられます。

「スイカやパスモは一枚しか持てない」という思い込みをはずしましょう。無記名式なら券売機でいつでも買えるので、用途に応じて複数枚持てます。

とにかくちょっとした備えがあれば、いざというとき慌てずに済むという話です。