簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

【めんどうくさいは高くつく】GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りハードルが超面倒だったけど何とか申し込み受付完了にこぎつけた話

f:id:chakuma2017:20180702160747j:plain

現代の節約と昔の節約。

これは、意味が大きく変わっていることを痛感します。

f:id:chakuma2017:20180617090635p:plain

現在、WiMAX2というモバイルルーターを使っています。そのキャッシュバック受け取りの背景。これを見れば、試されていると痛感します。それがお金の使い方の結果になります。

これに関してキャッシュバックを受け取り損ねたら、水の泡です。私はGMOとくとくBBというところで契約しています。【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン申し込み当時は、ここで契約するのが一番得だったんです。

ただし、様々なハードルが立ちはだかっていました。それはまるで、マリオがピーチ姫救出するのを阻むかのよう。例えが古くてすみません。

申し込み検討時にはキャッシュバックがいかに得であるかが強調されています。当たり前ですよね。それがあるかないかで他社との比較が変わるのですから。

で、申し込みをしたのですが、キャッシュバックは自動的に受け取れるわけじゃないんです。GMOとくとくBB側が定めた手順をクリアしなければいけません。

あ、こんな風に書くとまるでGMOとくとくBBに文句を言っているみたいですね。違うんですよ。それなりの面倒くさい手順をクリアする根性のある人にだけ、キャッシュバックというご褒美を上げます。ということなんです。

そして、根性があるかどうかを証明しないといけない。それは当然です。証明するためにGMOとくとくBBからは様々な課題を示されます。いわば試験です。

そして無事、この試験に合格すればキャッシュバックを受け取れるというわけです。途中、この「試験」に振り落とされる罠がいたるところにしかけられています。それは最後の最後まで、「後は申し込み完了か?」と安堵する最後の時まで続きます。

では、具体的にどんな「試験」があるのかを書きだしてみました。

まず、申し込みからキャッシュバックの申し込み受付完了まで約11か月を要します。実際に無事、振り込まれるのは12か月後です。

私は申し込み受付完了まで何とかクリアしました。多分大丈夫だと思いますが、実際に振り込まれるまで油断はできないと思っています。そのくらい手ごわい「試験」でした。

キャッシュバックの金額は26,000円です。「面倒くさい」がこの金額を受け取れるかどうかにかかっています。

【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

そしてGMOとくとくBB側は、本当に私が「面倒くさがらずに、受け取りの手順を踏めるかテストを何度も試されます。

ざっとこんな感じです。

  • キャンペーン期間中にキャンペーンページより申し込まなければいけない
  • 基本メールアドレスを受信するように設定しなくてはいけない
  • 基本メールアドレスとは何かを理解しなくてはいけない 
  • 約11か月目に送信される案内メールを見逃さないようにしなくてはいけない
  • 振り込みに関する指定口座連絡などを返信しなくてはいけない(期限内)
  • 指定口座連絡の入力が、若干わかりにくいので、ここで挫折しないようにしなくてはいけない

ここでキャッシュバックをもらい損ねる可能性が大きいのは、おそらく次のことでしょう。

  • キャンペーン申し込みを忘れる
  • 基本メールアドレスの受信設定忘れ、もしくは設定の仕方がわからない
  • 案内メールを見逃す
  • キャッシュバックの存在を忘れる
  • 振込に関する返信などを忘れる
  • 期限が経過する
  • 指定口座入力の仕方がわからない

キャッシュバックにひかれて加入したのに、もらい損ねたら何のために加入したかわからなくなります。26,000円も高い買い物をすることになります。

裏を返せば、地味に手続きの手順を踏みさえすれば特に大きな労力もなく26,000円を稼げるということです。労力が必要な節約よりずっと割がいいですね。

要はお金が増えるか増えないか、無駄に支出が出るか出ないかの違いとは、こうしたことに気が回るかどうかのちょっとした差なんですよね。知識というほどのたいしたことでもありません。

「めんどうくさい」という思いが高くつく時代です。節約の意味と効果は1昔前、2昔前とは大きく変化しています。