簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ・書籍発売中・シンプルライフ、断捨離のコツ、プチミニマル、身体に良い暮らし・家事も家計も整理収納も思考も簡単に。

MENU

コットン100%のベッドパッドの盲点

少し前に買い替えたベッドパッドですが、思わぬ盲点があると気付きました。新しく買ったベッドパッドは品質、それに対する価格、デザイン、全て満足していました。ですが一つだけ、想定外の注意点があったのです。

www.kurase.com

それは洗濯機を使っての脱水にまつわることです。脱水に入ると、洗濯槽の中でベッドパッドが水を吸い、大きく傾いてしまうことがあるようです。

 

そういう時、全自動洗濯機は水を注水して洗濯物をならします。ところがこのベッドパッドを洗濯していたら、いつまでたっても洗濯が終わりませんでした。

「あれ?」と気付いて洗濯機が何度も脱水と注水を繰り返していたことに気付きました。そこで私はいったん、水を排水して手で洗濯物をならしました。

で、正常に脱水完了するまで洗濯機を手でおさえたり、様子を見ていました。一度だけスムーズに洗濯が最後までできたこともありましたが、先日もやはり、途中で注水を始めていました。ちょっとくらいの注水なら普段の洗濯でもありがちですから構わないんです。けれども先日の様に何度も延々と注水と脱水を繰り返したら困りますよね。

先日途中で手動で操作しつつ洗濯を最後まで終わらせました。

購入した時に多数のレビューがありました。洗濯物が乾きにくい事は承知していました。コットンですからね。

ですが洗濯機のことはまるで想定外。他の方は同じような経験がないのでしょうか。もちろん、洗濯時は洗濯槽に合わせて畳み、洗濯ネットに入れて洗っています。

以前20年使ったベッドパッドは、ずっとコットンだと思っていたのですがポリエステルだったようです。処分するときにはじめて勘違いに気付きました。購入時の価格がそれなりにしたので、コットンだとばかり思いこんでいたんですね。

だから厚みがあっても洗濯槽の中で大きくバランスを崩すことがなかったわけです。物自体は良いし、寝心地もいいんです。けれども以前のベッドパッドより薄いから洗濯が楽になると期待していたらまるで反対の結果になっています。

洗濯するたびに、洗濯機に張り付いて調整すれば問題ないといえばそうなのですが。思わぬ想定外がある物だと痛感しました。

コットン100%のベッドパッドを買う際は、場合によりこんなこともありますのでご注意ください。(もちろん、洗濯機の容量やサイズ、他の洗濯物とのバランスなど条件は様々です。必ず我が家の様な使い勝手になるわけではないでしょう。)